古着全品半額!メルマガ限定で古着転売仕入れコンサルを募集した結果

先日こんなメールをメルマガ会員に送りました。
メルマガ登録はこちら。

 

本当は僕ひとりで行くつもりだったんですけど、
気まぐれで一緒に行く人募集。

先着1名限定で、超急な募集だったにも関わらず
メール送ったら瞬殺で埋まりました。

今日の記事はその緊急特別仕入れコンサル企画の模様を。

 

まずはネタバラシから。
僕とコンサル生の行った「とあるリサイクルショップ」とは…

 

ワットマンです。

ワットマンとは…
神奈川県を中心にチェーン展開しているリサイクルショップ。
冬と夏の年二回、古着全品半額セールを実施する神店。

 

この日仕入れ同行に参加してくれたのはOさん。
30代の会社員で、収入を増やすべく思い切ってコンサルに応募してくれました。

1店舗目、ワットマン相模原中央店
はじめての古着転売体験ということでテンションうなぎのぼりのOさん。

この日は暑かった。

この店は微妙でした。数着しか仕入れられず。

全然仕入れるものがない店もあるので、
その際はさっさと諦めて違う店に行きましょう。

気を取り直して二店舗目。
ワットマンPAT綾瀬店。

この日はひたすら半額キャンペーン中のワットマンを攻めまくるのがコンセプトだったので、
途中にセカンドストリートがあっても、
ドンドンダウンがあっても全部スルー。

ちゃっかり自分用にも服を買って装備したO氏

ここはまあまあでしたね。

その利益率の高さから僕がハマっている
「柄シャツ」が300円以下でどっさりあった。

柄シャツはまず手触りで仕入れるかどうかを見分けるという
ちょっと特殊な技術が必要なので、
そのへんもみっちり教えつつ、
しーなとOさんの古着転売ツアーは続きます。

しーな「いやー、やっと調子が出てきましたね」
Oさん「古着の仕入れ楽しいっすね~」
しーな「でしょ?だからハマる人多いんですよ!」

すぐにしーな式古着転売術をマスターし、嬉々として棚を漁るO氏

 

3店舗目は、ワットマン横浜鶴ヶ峰店。
ここは売り場面積がめっちゃ広いので、この日のメインに据えていました。

前回冬のセールに行ったときは、
「仕入れ資金が足りねえ!」
ってくらい古着を仕入れることができたので、
期待に胸がふくらみます。

この夏のセールはどうだったかと言うと…
今回も最高でした。

やはり古着転売はブルーオーシャンだ。
ということを実感しましたね。

セールがはじまって1週間くらい経ってたので、
ライバルが店を荒らした後だと思いますが、
そんなの関係なくアホほど仕入れられましたからね。

O氏ももう慣れたもので、
ウキウキで棚を漁ってました。
仕入れってほんと病みつきになるんですよね。
お宝もいっぱい発掘しました。

 

3店舗がっつり仕入れると疲れます。お会計中

 

だんだんと外も暗くなってくる時間です。
あとはイケても1店舗。

仕入れた商品チラ見せ

 

4店舗目、最後はワットマン新丸子店。
この店舗はアイテムの質が全般的に高いイメージですが、
今回もいいのがありました。

ポロシャツが長袖も半袖もたくさんあったな。
棚が荒れてましたけど、
全然仕入れられました。

最終的にこんな感じになりました。

その日のO氏のレシート。仕入れ点数50点、合計金額32500円。1点平均650円。

 

渋滞に巻き込まれて、
予定より仕入れる時間が短かったですけど
それでも楽勝で大量仕入れに成功しました。

Oさんにもとても喜んでもらえて本当にうれしいです。

たぶん未経験の方の古着転売へのイメージって、
目利きが必要というか、
とにかく初心者は仕入れが難しいってみなさん誤解してるんですけど、
そんなことないです。

ルイヴィトンやグッチなどの
高いブランドものを仕入れる古着転売であれば

偽物と本物を見分けるのに神経を使うだろうし、
偽物をネットで売ったらそれもう犯罪ですから、
リスクも高いですが、
僕の扱う古着は超安いですからね。

1000円以下で仕入れられるものがメインで、
それを付加価値を付けて高く売るので
だいぶやりやすいと思います。

古着転売初心者のO氏も、
仕入れの極意やノウハウをみっちり教え込んだので、
次からは一人でできるでしょう。

実は次のメルマガ限定コンサル企画も考え中。
競争率高いんで見逃さないように。
メルマガの登録はこちら。

ではでは。
しーなでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして年収3000万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

2 件のコメント

    • 小野様

      承知致しました。
      詳細は個別でお伝えするので、
      ラインかメール(mail@sheena001.com)で
      メッセージをください!

      よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。