仕事が異常に嫌いだった僕がなぜ古着転売は続けられるのか

 

こんにちは。しーなです。

 

ぼーっとブログ何書こうかなーって考えてたら
気づいたら過去のことを思い出してて、

今いやいやサラリーマンやっている人、
古着転売を副業に、
ゆくゆくは古着転売一本で食べていけたらいいなー
でも自分にできんのかな?

とか悩んでる人のために何か書こうと思います。

古着転売をやる前、僕は完全に落ちこぼれサラリーマンでした。

 

メッセージくれる人や、
コンサル生にも
会社辞めたいけど生活かかってるから辞められない、
人生つまんない。
って人ほんとに多いんですよ。
びっくりするくらい。

突然ですけど、
僕はめっちゃダメ社員だったんですよ。

一応去年までサラリーマン5年ほどやってたんですが、
もう無能リーマン。

 

やれ!って指示されたことがやれないんですよー。
なぜか誰でもできる案件をありえないくらいミスるんすよね…汗

 

あんまりダメダメなもんで、
何やっても裏目に出ちゃうし、
パワハラ上司が異動してきてからは
ほんと地獄でした。

 

いろんなことがあって体調崩して退職を決意して。

 

「自分がやりたいことしよう。食えればいいや」
くらいのモチベーションで会社を辞めて、
最初は苦労したけどまあなんとかなりました。

 

 

「サラリーマンに向いてない人」は思ってるより多い

 

僕は会社員としては無能でしたけど、
むしろサラリーマン辞めた方が収入増えたし、
なんなら人にコンサルとかしちゃうようにもなったので、
結果的に起業が向いていたということになります。

 

今はビジネス書とかめちゃくちゃ読むし、
いろんな人に積極的に会って話聞いたりするし、
ビジネスを教えるオンラインサロンに入ったり、
自己投資しまくって勉強してさらに利益を生み出すサイクルの中にいる。

 

なんでサラリーマン辞めただけで
こんなに人が変わるんだろ?って
自分で疑問に思ってたんですよ。

 

その疑問を掘り下げてたんですけど、
たぶん僕の性格とかが変わったわけじゃなくて、
僕のもともとの性格が
サラリーマンに向いてなくて、
自営業に向いていた。
という結論に達しました。

 

なので、僕の事例を基に、
サラリーマンに向いていない人ってどんなんかな?
僕の性格というか人に言われる特徴(悪口)を挙げます。

 

当てはまったら古着転売チャレンジしたら
給料超えるくらい稼げちゃうかも。

 

サラリーマンに向いてなさ過ぎた僕の特徴その1 「マイペースすぎる」

 

 

これについてはもう昔っからの治らない癖みたいなもんですね。
小学生のころ家族旅行に行ってひとりだけ読書してるとかw
みんな呆れますね。
仲のいい友達はもう諦めてます。

 

友達はいなくてもさみしいだけで死にませんが、
社会は協調性がないすなわち死ですよね!
常に人間関係の摩擦はありますし、
僕の会社は飲み会の参加が給料の査定に響くとかあったし、
アホやん、って思ってました。
今も思ってます。

 

わかってるけど俺は帰って家で映画見たいんじゃ!
みたいな、
優先順位の一番が自分で、会社はだいぶ下。
自分の都合で動くやつは
協調性なし、わがまま、
頭イカレてる、
会社ではそんな評価になっちゃいますね。

 

協調性がないだけで神経図太いわけではないっていうか、
むしろ繊細に人の悪意に気付いて傷つくので、
協調性のない自分と社会のあいだで悩んでしまうっすね。

 

サラリーマンに向いてなさ過ぎた僕の特徴 「締め切り、約束が守れない」

 

その2「締め切り、約束が守れない。」

 

遅刻なんかしょっちゅうです。
時間を決められるのがもう大嫌いなんですよね。
行動を縛られるのが我慢ならないっていうw
会社員としては致命的です。
一応遅刻はしないように気を付けるにしても、
会社なんてもう締め切り、納期のるつぼじゃないですか。

 

ストレスで頭おかしくなりそうでしたよー。
常に追われている気分っていうのは、
僕みたいな極楽とんぼには無理です。

 

転売やーに約束はございません!!
自分である程度仕事は決められます。
もちろん発送はありますけどね。

 

 

サラリーマンに向いてなさ過ぎた僕の特徴「気まぐれ、気分屋である」

 

 

例えば、友達や彼女と焼肉屋さんに焼肉を食べに行くとする。
件の焼肉屋さんに着いたら行列ができている。
そしたら僕はラーメン屋とかほかのごはん屋さんに行きたい。
そういうとみんな怒る。
僕はなんでみんなが怒るかわからない。
悲しい。

 

なんか決められるのが嫌なんですよ。
その場その場で考えててきとーに行こうぜ。
肩の力抜いて行こうぜ。
という性格です。

 

しかしやる気になったらとことんやるんです。
特に生活かかったらやりますよ!

古着転売なんか楽しいし、
やればやるだけ収入増えるし、
人との出会いは増えるしで
気まぐれっていうのも欠点じゃなくなりました。

会社だとやる気にムラがあったらそれだけで
うんこ社員の烙印を押されますね。

 

そうです、私がうんこ社員です。

 

サラリーマンに向いてなさ過ぎた僕の特徴 「思い込みが激しい」

 

 

これもやばいですね。
え、あの仕事先輩がやるって言ってませんでしたっけ?
言ってねーよバカ、
あーすんません急ぎます!!!
みたいなやりとり毎日やってましたよ。

 

思い込みが激しいっていうのはつまり、
ちゃんと話聞いてないってことです。
結局上の空でてきとーに働いてるんですよ。
サラリーマンなんて所属さえしてれば
毎月お給料もらえるじゃないですか。
頭がぼーっとしてうまくモノが考えられなかったんですよね。

 

リーマン辞めたら毎日がサバイバルですよ。
ぼーっとしてたら死ぬので
毎日フル回転。
そりゃ不安定ですが、
生きてる!!!っていう充実感はあります。

 

 

 

 

今気づいたんですけど、
これ挙げていったらキリないっすね。

結局僕が言いたいことって、
就職できないからとか言って
自殺しちゃう人とか
精神病んじゃう人っているじゃないですか。

 

いやいや、大丈夫だよ!
っていうことを言いたかったです。

転職するもよし、
休んで実家でニートするもよし。
やる気だせば人生なんとかなるし。

 

でももし今会社に行くのが辛いなら、
別の生き方を探す時期に来てるかもしんないっすね。
僕もほんっと気持ちよくわかりますんで。

 

それが古着転売かもしれないですよ!
僕みたいに。

会社辞めてーなー、って思ったら
メッセージくださいな。

 

しーなでした!

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?