古着転売に使える「ワンコイン古着」レビュー。たんぽぽハウスとは?

先日ブックオフをぶらぶらしてたらこんな本を見つけて
即購入してしまいました。

ワンコイン古着のキャッチコピーは「お金なんてなくてもお洒落はできる。」

 

著者は中嶋大介さん。
古本を長年収集していたが、
インターネットの普及で古本に対する熱が冷める。
どんなに珍しい本もネットを検索すれば見つかるので、
宝探し的な楽しみがなくなってしまったのだ!

また紙だと10万円する本も、
電子書籍だと数百円で読めたりする。
それだったらわざわざ紙で所有する必要はなくね?
と中嶋さんは思ったそう。

一方古着は、
着ないと価値はわかんないっすよね。
古本のようにパソコンのモニターで完結するような種類のものじゃないから。
そういういきさつで今は古着を3000点以上も持っているらしいから
ヤバイです。

 

中嶋大介さんのポリシー。全身古着コーデはダサい。

 

著者に共感したとこは、
古着好きっつって僕がイメージする、
全身上から下までヴィンテージで固めてるタイプの人間じゃないってとこ。

 

あくまでも今っぽい恰好をすることへのこだわり。
古着の価値は一点モノってとこにあると僕は思ってて、
つまり他人とファッションがかぶらないってことなんだけど、
なのに全身古着で固めちゃうような人間は
全身ブランドで固めちゃう人間と
同じタイプだと思うんですよね。

他人のものさしを気にしちゃうタイプ?
せっかくの古着でそれはもったいないと僕は思っちゃうんですよね。

 

古着転売ではハイブランドも500円以下で買える。

 

僕が偉い!と思い、
古着転売的にもめちゃ有益だからブログで紹介しよう!
と思ったのが、
エルメスもルイヴィトンもヨウジヤマモトも500円以下で買ってるとこ!!

 

 

ごくり。。。只者じゃないな。

僕がよく仕入れに行ってる
セカンドストリートやトレジャーファクトリー、
ワットマンなどのリサイクルショップでは、
これらの有名ハイブランドがワンコインで売ってるのはまずない。

さすがにバイトの店員も知ってるからだ。

じゃあどこで仕入れてるのかっていうと…

 

_人人人人人人人人人_
> たんぽぽハウス <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

古着転売ヤーも注目する謎のリサイクルショップ「たんぽぽハウス」とは?

 

 

うわさだけは聞いたことがあるリサイクルショップ…

ワンコイン古着の著者によると、
東京の東側に集中しているらしい。

著者はここでほとんどすべての古着を買っているらしい。
コムデギャルソンもバーバリーもラルフローレンもブルックスブラザーズも、だ!!

おいおい、マジかよ。すげーな。

今度たんぽぽハウスに行ってきます。

 

どうしても気になるので自分の目で確かめてきます。
もしたんぽぽハウスが近所だよって人いたら、
いっしょに行きましょう!

 

ではまた!
しーなでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。