ビジネスを1年やって得たものと貧乏からの脱出

 

どうもしーなです。

ビジネスをはじめて1年と少し、

このブログを作ってちょうど1年。

このタイミングで

ビジネスをはじめる前と今との違いを

語ってみようかと思います。

 

僕のビジネスをはじめる前を知っている友人からは

「お前別人みたいに変わったな」と

言われるくらい変化しました。

 

あがり症。緊張して人前で話すのがマジで無理だった

 

一番の変化はやっぱり金銭的なもの。

貧乏から脱出したことによる精神的な余裕。ゆとり。

 

それとともに身に付いた「学ぶ意欲」だと思います。

 

僕はずっと引っ込み思案な少年時代を過ごし、

人から注目を浴びることが大嫌いな子どもでした。

 

 

今だと笑い話で話せますが、

当時は本当に悩んでいましたし恥ずかしかった。

 

授業中に先生にあてられて国語の朗読をするときなんか地獄。

席から立って一言も話せず、

呆れた先生に座らせられるまで立ちっぱなし。

そのうち僕を飛ばして授業が進むようになって悲しかったな~。

 

 

そんな僕が今ではビジネスを勉強しまくり、

その知識をもとに古着転売で稼ぎブログを書き、

Youtubeで台本もなしにしゃべりまくり、

コンサルやネットのコミュニティで教えているとは。

 

人一倍シャイボーイだった

あの頃の僕は想像もできなかったです。

 

僕のそんな変化に一番驚いてるのは母親なんですけどね。

息子がひと様に何かを教えている!???!!?

そもそもコミュニケーションができているだと!???!?!

となっているらしいです(笑)

 

学ぶ意欲はその後もビジネスはじめるまでなかったですねー。

大学受験もとりあえずみんなが受けてたからだし、

その後社会人になって働きだしても、

自主的に何かを学ぶなんてまったくなかったし。

ひたすら会社から離れたいとばっかり考えてましたね。

 

そんな僕がビジネスをはじめて。

今まで何も知らなかったんだなと痛感しました。

 

「俺は何にも知らねーんだな」

「大学入ったくらいで浮かれてるんじゃねーよ」

と思わずにはいられませんでした。

 

それと同時に、

お金を稼いで自由な働き方をしている人たちは

知識に投資をし続けてるし、

ずっと学び続けている。

 

あー、超楽しそう。

俺もあんな風になりたい。

 

心底、勉強しよう、学ぼうと思ったのは

これが人生初です。

 

知識に投資することの意味

 

僕が出会った経営者、起業家の方々は

本当に頭が良い方ばかりでした。

彼らはお金を「消費」するのではなく、

「投資」に使っていました。

投資と言っても株とかFXではなく

知識です。

情報への投資、広告などへの投資。

 

ビジネスを大きくするために、

あるいは人生を充実させるために

お金をバンバン使っているわけです。

 

実際僕も勉強しまくりました。

https://sheena001.com/hurugi-tenbai-consalting/

 

古着転売では、

独学でまったく稼げなかったので

コンサルと言う形で稼げてるナカジマさんに教わったし、

実際それから速攻で稼げるようになりました。

 

そして思ったことは、

お金を稼ぐことは難しいことではないということ。

 

特に自分の得意分野を生かすのであれば、

食うためのお金はもちろん、

50万、100万というお金も稼げます。

 

なぜそんなことができるのかというと、

明らかに知識なわけですよ。

 

知識はめちゃくちゃ強力な武器です。

 

もちろん知識だけあっても行動しなければ宝の持ち腐れです。

ですが知識があると自分の行動に自信が持てるようになります。

はじめの一歩が踏み出せるようになります。

 

大事なのは、まずやること。
だけど、やるためにはちょっとでもいいから戦略が欲しい。

 

それを脳みそからひねり出すのは日々の勉強なんですよね。

学習、実践、学習、実践。

インプット、アウトプット、インプット、アウトプット。

 

そのようにして、
経験値が自分の中にどんどんたまってくる。

そうなってきたらもうこっちのものなわけですよ。

その時点でかなり以前とは変わってます。

 

精神的にもだいぶ余裕です。

きれいごと抜きに、お金は大事です。

 

僕はだいぶ貧乏だったんですが、

お金がないと気分が荒みます。

荒れまくりです。

たまには牛丼かパスタ以外のものも食いたい!!

ってなります。

友達と遊びにもいけないし、

ましてや恋人なんて金がかかるのでとても無理です。

 

お金は大事。

これは肝に銘じないといけない。

 

僕は忘れてはいけない。

警備員でバイトしてた時、

死ぬほど暑い真夏の渋滞した道路でドライバーから罵声を浴びたことを。

凍るくらい寒い深夜、8時間立ちっぱなしで世界を恨んだことを。

 

絶対に忘れてはいけないわけです。

お金は大事ですよ。稼がなければならない。

 

警備員でじーさんたちに交じって旗を振ってた時は

自分は何をしてるんだろう。

僕の代わりはいくらでもいるじゃん。

でも時給950円もらえるからいいか。

とか言い訳を頭の中でずっとエンドレスで繰り返してるんです。

 

でもあれはほんとただの奴隷だよ…。

当時は

僕が働くことで車がスムーズに進むんだ!

渋滞が無くなるんだ!

とかって無理やり思ってましたが、

シンプルに頭おかしいですよ。

 

あんな思いは二度としたくない。

 

やっぱり金銭的な自由はすごく大きい変化です。

それまでは安い弁当を買うためにチャリンコ飛ばしてましたからね。

その時間を勉強する時間に充てられるようになったことは大きすぎる。

学んで、試して、稼ぐ。

この素晴らしい循環。

これからもずっとぐるぐるまわしていきます。

 

 

最後にまとめ。

知識に投資したことで、

最短距離で稼ぐことができた。

稼ぐことで精神的な余裕がすごくできた。

 

きれいごと抜きに、お金を稼ぎましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?