時間は二度と帰ってこない。「おじいさんになってわかったこと」

2016年の冬は独立したてで、

何もわからず無我夢中といった感じでしたが、

最近では外注と言う形で人も雇ったり、

セミナーに行ったり教材を購入して勉強したり、

サイトをいくつか立ち上げたり、

人と会ったり、

なんだかんだバタバタとせわしなくやっております。

 

これもすべては脱サラして古着転売に出会ったから。

会社員のままでは一生ビジネスなんかやらなかったと思います。

 

一年ちょいで生活がガラリと変わりました。

自分でも信じられないくらい。

そして、

もう早いもので2018年もはじまってから30日以上が経っております。

 

人生で一番若いのは今。

今日です。

 

遅すぎることはありません。

今できることから頑張っていきましょう!

という僕自身やあなたへの励ましを綴ってみました。

 

トゥギャッターでまとめられてたこの記事見て書かなきゃ!と思って。

読んでみてください!↓

https://togetter.com/li/1196114

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。