会社の上司は未来のあなた!?あんな上司になりたくない。

こんにちは。

あなたの会社には上司は居ますよね?

上司の中にもいろんな上司がいるかと思います。

 

仕事が出来る上司、仕事が出来ない上司、以上に厳しい上司や仏みたいな上司。

 

そんな中でもあなたが特に、こんな上司にはなりたくないと反面教師にするような上司もいることでしょう。

 

そう思っている上司は、未来の自分であるとも言えます。

我慢し続けて働いていればいつか報われると思っていませんか?

 

そんなことありません。

報われないと100%言い切ることは出来ませんが、そんな環境の会社に勤めている限り報われることはありません。

 

環境が整っていないのに報われるわけがないんです。

 

職場にはどんな上司がいるのか。

そして、どうして上司が未来の自分と言うことが出来るのか。

職場の上司が嫌なのであれば転職してもいいのか。

 

これらをテーマに今回は話していきます!

職場にはどんな上司がいる?

あなたの職場の上司はどんな人でしょうか?

 

人にも様々あるように、上司にも様々あります。

もちろん尊敬できるような上司が居たら最高なのですが、尊敬できる上司が居ないケースもあります。

 

この記事に辿り着いた人は特にそうでしょう。

 

尊敬出来ないし仕事できない、何より口だけで全く行動しない・・・

なんであの人が俺の上司なんだ。俺は絶対にあんな風にはならないぞ。

 

と心の中で誓うことでしょう。

しかし、そのなりたくない上司は実はあなたの未来かもしれませんよ。

 

尊敬できる上司

こんな人が居たらいいですよね。

仕事が出来て人格者、いつも気にかけてくれるし、遊びにも誘ってくれる。

あー、あんな人になれたらいいなー

 

そんな風に思うことができる上司があなたの職場に居るのであれば

おめでとうございます。

あなたの上司は当たりです。

 

言い方は悪いかもしれませんが、当たりです。

 

その上司について行くことが出来ればあなたの未来は明るいと思います。

 

尊敬出来ない上司

ここまでに話してきた様に

尊敬できない様な上司は残念ながら多くいます。

 

仕事が出来ないのに口だけ。

仕事は出来るが部下に対する態度がひどい。

人は良いけど仕事が出来ない

などなど

 

その様な尊敬できない上司の元で働いていることは非常にリスクのあることです。

あなたが今見ている上司は未来のあなただからです。

 

嫌だと思っているのに、そうなるわけないじゃないか。

と思うことでしょう。

 

しかし、ずっと一緒に要るといやでも似て来てしまうことがあるんですよ。

職場の雰囲気ってやつです。

 

会社ごとに雰囲気や文化って全く違いますよね?

業種で見たらわかりやすいと思います。

 

業種でも性格って分かれてくるじゃないですか。

 

それと同じで会社ごと、もっというと部署ごとに雰囲気や文化が分かれてきます。

そして、その配属されている先にいる限り、自分では気づかなくてもどこかしらその雰囲気を持つ様になります。

 

という事は、一緒に居る時間が長い上司にはより似てくるという事です。

 

転職した方がマシ

現職に不満があって、未来の不安

何より上司が好きになれないし尊敬なんてもってのほか。

というのであれば転職した方がマシです。

 

ただ全ての人に転職を勧めるわけにもいきません。

 

ブラック企業に勤めている

比較的若い

転職が珍しい業界ではない

なんと言われようと辞めたい

 

これに当てはまる数が多い人ほど転職した方が良いでしょう。

特に若い方であれば、今の時代、転職はきちんと準備すれば出来るので問題はありません。

 

新卒など、そのくらい若い方でも転職してしまって良いと思います。

その会社に居るメリットが思いつかないのであれば時間の無駄ですからね。

 

本当にこれは声を大にして言いたいんですけど

よく、3年は勤めた方がいい。なんて聞きませんか?

 

これってなんの根拠があるんだと。

根性論みたいなもんだろ、と思ってしまいます。

いつもこのことを聞くと、なぜ?って思ってしまいます。

 

むしろ、若い人であればさっさと辞めて次の可能性を試してみた方がいいと思うんですよね。

私は早く次の可能性を試したくて辞めましたよ。

1年も勤めていません。でもそれが間違っているとも思いませんし、今の方が幸せです。

 

転職市場的には3年頑張った様な人を採用したいのでしょうが

とりあえず3年頑張った人

真剣に考えて退職を行動に移し、1年以内に転職活動した人

 

能力が同じであれば特に採用に差はないと思います。

特に若い人は。

 

エンジニアの業界なんかは、他社文化に染まっていない人を好む企業も多いので

そうなると、新卒の人が第二新卒で転職するなんてケースでもバンバン採用されます。

 

転職するリスク

よし!これでこんな職場とお別れだ!と意気込んで新しい職場に転職してみたものの

以前と状況は全く変わらない・・・

 

上司は前よりはマシだけど、心からこんな人になりたいかと言われればそんなことないし・・・

新しく覚えることも大変だし精神的負担も大きいな。

 

こうなってしまうケースはよくあると思います。

このケースは上司がまだ普通だからいいでしょう。

 

しかし、いくら転職でエージェントと相談しながら慎重に決めたからと言って

確実に前の職場を越えられるかと言われればそうとは限りません。

 

以下を見ていただければ理解できると思います。

正直、転職サービスは人を扱う事業なので、100%ということはないので

仕方ないのかもしれませんが・・・

引用元:転職会議 「なんと転職者全体の4人に1人が転職したことを後悔!!転職に失敗してしまう理由とは?」https://report.jobtalk.jp/research/detail/id=363

 

これは1034人の20ー40代の男女に聞いた結果です。

4分の1は失敗だと思っているんです。

 

成功だと感じている人は全体の74%

失敗だと感じている人は全体の26%

 

これって結構高い数値だと思いませんか?

4分の1ということはこの確率が自分に当てはまる可能性は大いにあり得ます。

 

私はこの確率を見ると転職がしたくありませんね・・・

 

ここで1つ友人のエピソードをお話ししましょう。

 

Sさん

Sさんは専門学校を卒業した後、某大手旅行会社に就職しました。

最初は旅行が好きだからとワクワクしていたのですが、1年も経つと仕事の口がどんどん出てきます。

旅行業界であるゆえに、給料はとても少ないです。

そんなSさんは、ある日上司と二人で飲みに行ったそうです。

色んな話をしました。上司の家族の話しからSさんの学生時代の話などなど。

その過程でSさんは上司の年収を知ることが出来ました。

その年収はなんと自分よりも10万円上乗せした額。

これを聞いてSさんは愕然としました。

この会社で働き続けていたらこの上司と同じ金額しか貰えない可能性が高い・・・

転職しよう。と

2年半勤めた後見事転職し、当時勤めていたSさんの上司と同じくらい給料がもらえる様になったそうです。

しかし、Sさんはもう辞めたいと言っています。

それはなぜか。

朝がとても早く夜も遅い。しかも、接する人の民度が低いことが多い・・・

給料が上がったこと以外で良いことは1つもないそうです。

 

私はこの話を聞いた時、何をやっているんだか・・・

と半ば呆れてしまいました。

完全にお金に目を奪われていたんですね。

 

労働環境は完全に前職の方がよかったです。(それでもフリーターと給料は変わりませんけどね・・・)

 

もちろん、今の時代転職をすることは悪いことではありません。

むしろ、自分のキャリアアップのためであればどんどんするべきだと思うのですが

このようなリスクを知ってしまうと、ある程度身を固めたら自分で何かを興した方が絶対にいいと思うんですね。

 

その方が、今より色んな人に貢献ができますし

場合によっては将来はとても幸せなものになるかと思います。

 

この場合によっては、というのは

人によって何が幸せか違うので敢えてこのように言いました。

 

ただ私は独立するメリットって大きいと思っています。

 

そもそも未来の自分をイメージできない。じゃあ、転職?

ここまでにも話してきましたが

そもそも未来の自分をイメージできないと言う人は

改めて言いますが、今の上司を改めてイメージしてみましょう。

 

それがあなたの未来です。

もしかしたらバリバリ出来る上司かもしれませんし

肩を落としている様なダメダメな上司かもしれません。

 

前者であれば良いのですが、後者あればイメージ出来たとしてもなりたい理想像ではありませんよね。

 

では、どうすれば良いのか。

 

お気付きの通り、転職や独立ですよね。

 

しかし、今回は転職にフォーカスしているので

せっかくなので転職をする人の心理を解説したいと思います。

 

転職する人の心理

転職を思いついているという事は

まず、現職に何かしらの不満を持っているという事になります。

 

今回でいうと、職場の上司を見る限り未来の自分を想像することが出来ない、ですよね。

 

他にもたくさんあるかと思います。

 

給料が低い

いつになっても役職がつかない

同期と比べて部下がいない

ブラック企業

などなど、考え出したらどんどん出てきます。

 

この様に考えた人が転職しようかな、と考えるわけです。

しかし、転職して環境を変えたところで自分自身が変わろうとしなければ何も意味はないんですよね。

 

結局、環境を変えれば自分も変わると思い込んでしまっているんです。

そんな状態だとどこに行っても成功はしませんよね。

 

転職先で運よく良い上司の元で働けた。

こんなことが起きれば事はうまく進むかもしれませんが、これも結局自分が変わった為ではなく、環境が変わったからことがうまく進むようになったんですよね。

 

この他人任せの状態で果たして良いのか。

それだといつまで経っても平凡な人生しか送れませんよ。

 

世の中たくさん出来る事はあるのに、並みの事しか出来ないで気づいたら歳を取るんです。

そんなの嫌じゃないですか?

 

じゃあ自分を変えましょうよ、という話です。

 

次項からはそんなあなた

つまり、自分を変えたいけどどうすれば良いか分からないという方に向けた提案です。

このような世界もありますよ。という事です。

こんな職場を抜け出すには

結論から言うと、独立が一番いいでしょう。

今風に言うと、フリーランスになったり起業するんです。

転職も可能性としてはありですが、前述したリスクを考えると賭けみたいな部分あるのでオススメはしません。

 

独立とかそんな簡単に言わないでよ・・・

と思うかもしれませんが、起業に属さない生き方って本当にいいですよ。

 

もちろん独立して起業する内容にもよりますが、面倒な人間関係なんて基本的に無くなります。そして、上司は居なくなります。

場合によっては、一緒に仕事したい人を巻き込んで起業することも出来るんです。

 

その人の人生を良い方向にも悪い方向にも変えてしまいますが、確信があるのであればありかなと思います。

 

そして、場合によっては前職よりも稼げるんです。

それって最高だと思いませんか?

並み以上のことが出来るようになります。

 

もちろん最初は大変かもしれません。

今までやって来たことが完全に活きるわけではないですからね。

 

活かせることで起業ができればいいんですけど、それって普通の企業で働いている限り難しいですよね。

何か常にアイデアを持ちながら仕事が出来ていたならいいんですけど。

 

そういう人は稀だと思います。

副業を本業に

今は副業で溢れています。

そんな副業を会社員時代から始めて、ある程度稼げるようになったら独立する。

 

この流れは現代において作りやすいのではないでしょうか。

どのくらいの規模でやるのかにもよりますが、基本的に最初は一人です。

 

しかし、今まで悩んでいたような環境とはおさらばできるんです。

 

最初は孤独という試練も待っていますが、成長出来ない環境に居続けることを考えると孤独なんて余裕だと思います。

 

そして、副業や起業といったワードを聞くとどうしても難しく感じてしまうかと思います。

しかし、今はネットであらゆる情報を見ることが出来るので、昔と比べると副業をしていずれは起業する、という人は多くなってきました。

 

まずは自分が興味を持てそうなものから始めてみてはどうでしょうか?

アフィリエイトや転売、FXや株などなどたくさんあります。

 

サラリーマンは稼げない?

世の中の稼いでいる人は

ビジネスをしています。

 

お金を稼げている人は仕組みを作り出せているんですよ。

 

この仕組みはなんでもいいんです。

既存製品に何かしらの付加価値をつけて提供する。

新しい価値を見つけて提供する。

 

本当になんでもいいです。

欲しい人が居る市場に対して価値を提供できる仕組みづくり。

これが出来ることでお金が生まれます。

 

ということは・・・

雇われている身である限り、稼げる未来はないんです。

 

この稼ぐという度合いはいくらかわかりません。

もちろん個人によっていくら貰えれば満足って価値観は違うと思いますが、

例えば、世間一般で言うと1000万円あればお金持ちって認識になりませんか?

 

1000万円でお金持ちだーって満足出来るのであればいいんですけど

世の中には1億円だったり100億円、もっとお稼いでいる人がいるわけですよね。

 

そこに行ける可能性が1%でもあるならば挑戦してみたくないですか?

私はしたいですよ。

 

世の中お金じゃないと言うけれど、結局お金によって見れる世界というものは広がるわけですから。

 

それならば自分の世界を広げてみたいですよね。

 

少し話がずれてしまいましたが、

雇われて働くということは

 

・給料に限界がある

・やりたいことが出来るとは限らない

・拘束されている

 

ということなんですよね。

こんなデメリットがある中で、ここまで話して来たような上司も存在する。

 

ずっと会社員であるメリットって無いように感じます。

 

退職をした後は・・・?

私はここまで説明してきた事

つまり、会社に対する不満や働き続けた先に待っている未来を考えた結果

退職しました。

 

特に副業で稼いでいた訳でもないし、起業をした訳でもないです。

今はフリーランスという生き方をしています。

もちろん、副業と言われる部類にも手を出しています。

 

確かに孤独ではあるかもしれませんが、毎日充実していますし、何よりも無駄な悩みはありません。

 

現在は、起業するレベルまで己を持っていくために日々研鑽です。

 

でもそれが本当に楽しいんです。

自分が好きなことを学びながら、毎日好きな時間に起きて仕事をすればいいし、通勤ラッシュなどに巻き込まれることはない。

買い物に行っても混んでないし、ジムに行っても混んでることはない。

映画館だって思い立った時に行こうとしても席は空いている。

 

これって最高じゃないですか?

 

この先に価値提供出来る日が来たらもう人生言うことはありません。

 

最後に

今回は、尊敬が出来ない上司はあなたの未来である、と言うことについて説明してきました。

 

尊敬出来ない上司しか居ないような会社は深刻ですよね。

もしかしたら、他の人は尊敬してるかもしれないけれど、あなたは尊敬出来ない。

そんなパターンもあることでしょう。

 

それは仕方ありません。

みんなが尊敬できると言っているからと言って、あなたも尊敬できるとは限りませんからね。

 

仮に、みんなは尊敬出来ないと言っていても、あなたが尊敬できるような上司が居るのであればそれでもいいと思います。

 

問題なのは、尊敬出来ない上司の元で働くことですからね。

あんな上司になりたくないと日々思いながら一緒に働いていても、

着実にその上司に近づいているだけですから、早めの決断も必要です。

 

決断するのにも、転職や独立など

選択肢はいくつかあることでしょう。

 

転職したことで心の底から尊敬できる上司に出会えるかもしれない。

逆に、転職先でも全く同じような人と出会ってしまった・・・

 

後者であった場合最悪ですよね。

 

転職にはこのようなリスクがあります。

せっかく人生変えたくて転職したのに、なんだよ変わらないじゃん・・・と。

 

そもそも人生を変えたいのであれば独立に目を向けるべきなんです。

前述した通り、サラリーマンは稼げません。稼げても限度があります。

その限度で満足出来るのであれば良いのですが、出来ますか?

 

もし独立に成功すれば、サラリーマン時代の給料なんてバカバカしくなってきますよ。

そして、その額を手にすることが出来れば今までよりも格段に世界が広がります。

 

毎週一流ホテルに泊まることだって出来るし、毎日高級焼肉に行っても困らない。

一杯何千円もするBarの行きつけになり、そこから人脈も広がってまたビジネスも広がる。

気づいたらサラリーマン時代の10倍以上も稼いでいたなんて事はあり得るかもしれません。

 

独立すると言うことは、上司という概念は基本的に無くなりますが、

尊敬できる人が居ないというのもあまり良くないですよね。

 

それであれば勉強会などに行ってみれば良いんです。

情報発信をしている人に会ってみるんです。

 

そういった意味での世界の広がりもあります。

 

とにかく、選択肢は転職だけではないということを覚えておいて欲しいです。

自分の可能性を自ら狭めずに、どんどん広げて行きましょう。

 

そして、最後に改めて言わせてください。

今、あなたが見ている上司はあなたの未来です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?