28年間ガリガリで悩んでた僕が、太るためにパーソナルトレーニングを契約した結果。

こんにちは、しーなです。

突然ですが、僕はめっちゃ痩せてました。

貧弱でした。ガリガリでした。

 

2018年9月現在の僕の体は

身長176センチ、体重65キロです。

今は半年間パーソナルトレーニングを受けたおかげで

ガリガリから脱却して、

ちょい痩せぐらいまでになりましたが、

去年まで僕は体重58キロでした。

 

見た目はあばら骨が浮き出ていて、

全体的に薄っぺらかった。

触ったら折れそう。とよく言われて育ちました。

 

食べても食べても太れない。一人だけ体が小さくて小学生みたいだった

僕の太れない悩みは中学時代からです。

中学生と言えば、人生で一番食欲がある年代ですよね。

僕もモリモリお茶碗にご飯を盛って食べまくっていました。

それはもちろん同級生もいっしょ。

露骨に体型の差が現れてくる年代でもあります。

僕は同学年の中で一番貧弱な体型でした。

ちなみに身長が伸びるのは高校生になってからで、

中学時代の身長は150センチ台。

整列するときは常に一番前でした。

 

運動音痴なので体育の授業そのものや運動が大嫌いだったんですが、

体が小さかったっていうのも相当影響していると思います。

 

僕と同じくらいだった周りの同級生たちは、

どんどん体がデカくなっていくのに、

僕はいくら食べてもほとんど太れませんでした。

 

中学生なのに、見た目は小学生のころと変わってない。

どんだけ小さいんだよって話ですが、

同級生と比べてしまって真剣に悩みました。

 

初恋の女の子に言われた痛烈な一言。

中学時代って、だんだん自我がはっきり芽生えてくるじゃないですか?

友達と比べて自分はいいのか悪いのかとか、

女の子のこととかが気になってくる年ごろですよね。

で、僕はこの多感な時に自分の体に関して思いっきりコンプレックスをこじらせてしまいました。

 

まず同級生の友達からつけられたあだ名はシンプルに「骨」

いくらなんでもシンプルすぎやしませんか?

まあ確かに肉がないんですけどね。

「ガリ細」とか「もやし」とか

「エヴァ初号機」とか。

ガリガリなうえに猫背だったんですよ。

初号機はちょっとセンスありますね。笑

 

中1のころ、生まれてはじめて好きな女の子ができました。

好きになったとは言っても、

赤面症になったり自信喪失してたりして

まったく仲良くなることはできなかったんですが。

 

なんかのタイミングでその子に言われた衝撃的な一言があって、

それが、

「しーなくんって何かのキャラに似てるよね…?言われない?」

「えーっとなんだっけ、、、あ、そうだ!」

「ホラーマン!!!」

 

 

 

 

 

ホラーマンってアンパンマンのね。

ハイハイ。わかりますよ…。

男として意識されるどころか、

人として超見下されてるや~~~~ん。

嘘や~~~ん。

 

その日は帰って枕を濡らしました。

別にいいよ、初号機ってあだ名つけられたり、

骨って呼ばれたりしてるしさ。

でも初めて好きになった女の子に言われるのは

レベルが違いましたね。心へのダメージが。

 

こうして僕の初恋はあっけなく散りました。

女性恐怖症みたいなのも新たにこじらせることになるんですが、

それはまた別の機会に。

 

誰にも理解されない、「太れない」悩み。

高校生になっても、大学生になっても、

社会人になっても、相変わらず体型はガリガリのまま。

 

たまにこれじゃいかんと思って、

暴飲暴食してみたり、

ジムに行って鍛えてみたりしたんですが、

全然太れないので継続できず挫折ばかり。

何か新しいことにチャレンジしては、

三日坊主で終わることの繰り返しでした。

 

痩せてることの悩みって、

誰からも共感されないんですよ。

本人は本気で悩んでるんですけど。

 

ガリガリっていいことないですよ。

・自分の見た目に自信が持てない

ガリガリあるあるですが、

痩せてると仕事できなさそうな印象を持たれがちなんです。

超偏見なんですけどね。

体格が良くて堂々としているひとは、

スーツ着てても様になるんですが、

痩せてる人は貧相になるんですよ。

年下にも普通にナメられるんで、

なかなか自信をもつのが難しい。

 

・女の子ウケが悪い

痩せてる男って思ってるより女の子ウケが悪いです。

性的な魅力に乏しいからです。

なんだかんだ言って女性は男性にリードされたいと思っている方が多いですが、

痩せてると頼りない。なよなよしてる。弱そう。

とかって思われます。

また、貧乏なメンズより経済力のある男の方がいいに決まってます。

しかし上記のように、

ガリガリは仕事できなさそうに思われます。

仕事ができて、しっかり稼ぐ男のほうがモテますからね。

そういう意味でも痩せているとデメリットがあります。

・服脱いだらガリガリがばれるから海やプールが心から楽しめない。

男として、ガリガリは情けないです。

タイに行ってプールで泳いだ時も、

みんなめっちゃマッチョで堂々としててかっこいいですよ。

ちなみに一緒にいたいっせーも痩せてたので、

ガリガリは嫌だよなーって盛り上がりました。笑

 

・脂肪がないから冬超寒い。

夏は暑くて体力を奪われるので嫌いなんですが、

冬は冬で寒さが骨身に染みるんですよ。

冷え性だから服何枚着ても寒いし。

血行が悪くなってすぐ風邪ひきます。

 

・すぐ腹壊す。

僕のガリガリの原因は、

内臓のはたらきが鈍いところからきてるんですが、

要するに胃弱なんです。

消化する機能が人より劣っているので、

例えば太るためにバカ食いすると

消化が追い付かなくて気持ち悪くなるし、

すぐお腹を壊します。

 

箇条書きで書きましたが、

ガリガリにコンプレックスを抱えている人は

意外に多いんです。

 

一念発起してトレーナーと個人で契約。本気で行動した

 

で、僕はずーっとガリガリな体の自分が嫌いだったので、

今年の1月から半年間、

トレーナーとパーソナルトレーニングの契約をして、

太り方を教わってきました。

 

どうすれば太るのかわかんないから、

これはもうプロに教わったほうが話が速いだろうと。

僕はビジネスもド素人の時からプロに教わってきたので、

お金払って学ぶことに何の違和感もありません。

 

結果、大成功でした。

ライザップのように、

毎日食事をトレーナーに送り、

アドバイスを受け、

その通りにジムに行く。

めちゃくちゃ褒められるので

モチベーションも途切れません。

 

何より我流じゃないので、

安心感がはんぱない。

この人の言うとおりにやれば太れるんだなーと、

全体的に信頼しきってひたすら頑張りました。

 

そしたら半年で7キロ太りましたからね。

僕はずーっと58キロから太れなかったんですよ。

それがプロに任せたら半年で超太れた。

こりゃ最高だと終わってからめっちゃ感謝しました。

 

結局太ることもビジネスも同じ。学んで真似して行動するだけ

僕は何も特別なことはしていません。

ただトレーナーの言う通りに行動しただけ。

やるべきことが明確なので、

不安とか全くないんですよ。

僕もコンサルティングをしているので、

その意味でも学ぶことが多く、

単純に太れた以上の価値をもらうことができました。

学んで真似して行動する。

これだけが成功への唯一の道だと思っています。

 

それでは!

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?