古着転売は違法でも犯罪でもない!逮捕されないよう古物商を取得すべし

こんにちは。しーなです。

みなさん古物商取ってますか?

古着というか、中古品をビジネス目的で仕入れたり売ったりするときに必要な免許です。
家の不用品を売っているだけでは大丈夫。
継続的に仕入れて売ってたらアウトですね。

ネットではいろんな人が「必要!」とか「不要!」とか言ってますが、
必要です。

警視庁のリンク貼っときます。

また未成年の方は古物商を取得するのが難しいらしいので、
20歳になるまで待つか、
警察に相談に行くかするのが良いと思います。

一言言いたいのは、古着転売は違法でも犯罪でもありません。笑

ただし免許が必要なのでささっと取得しちゃいましょう。
お金が稼げてくると確定申告もやらないといけません。

僕が確認したところ、
海外から仕入れている卸から仕入れていても古物商は必要です。
直接自分が海外から仕入れている分には不要。
今のところメルカリはゆるゆるだけど、
今後は確認厳しくなるんじゃないかな〜と予想。

このような法的なことに関しては、
きっちり勉強しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。