起業1年で月収50万円になり、調子に乗って成長止まった話

僕の起業当初の目標は、

具体的な金額でいうと

月収30万くらいは稼ぎたい。

というとこでした。

 

月収30万円という数字は

僕の会社員時代の手取り15万の倍でした。

そのくらい稼げれば物欲のない僕は

節約しなくても生きていけるだろうと

思ったからです。

 

で、起業して普通に仕事してたら

あっという間に月収30万は達成し、

すぐに50万円になりました。

 

それまで順調に収入は

右肩上がりで伸びていたんですが、

ここから僕の成長がピタッと止まります。

 

なぜか。

一言でいうと

天狗になってました。

プライドの塊になっていました。

俺ビジネスの才能あるや〜んw

となってました。

月収50万で。

 

恥ずかしいです。

穴があったら生き埋めにしたいです。

どんだけ世界が狭いんだ。

 

ネットビジネスは誰でも、

普通に勉強すれば

月収50万円や100万円はすぐにいきます。

 

問題はそのあと。

どういう風に行動すれば、

僕のように月収50万そこらで成長が止まらず、

するっと数百万や数千万の世界に行けるのか。

 

いやー正直かっこ悪いから

こんな話したくなかったですけどね。

僕の恥ずかしい失敗談から学んでいただければ。

ある意味ノウハウより大事なマインドの話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。