古着転売は「無鉄砲な人」ほど成功する。負け犬にならないための非常識な考え方。

僕は今30歳です。
ついこないだまで
17歳だった気がするんですが、
気づけば三十路になっていました。
あっという間ですね。
人生。
子供の頃はわかりませんでしたが、
最近時の流れの速さが身に染みます。
人生あっという間っていう噂は
本当なんですね。
今回はそんな、
時間とか年齢についての話をします。
僕が後悔しているのは、
若い時にチャレンジしなかったことです。
いろいろやりたいことはありました。
やってたバンドで売れたかったし、
本が好きだったから古本屋の親父になりたかったし、
すごい美人と付き合いたかった。
でも全部ちゃんとやりませんでした。
全て不完全燃焼。
バンドは僕が横暴すぎて
すぐ解散したし、
古本屋は
「儲からないでしょ」
という友達の一言で
「それもそうだな」
とあっさり諦めました。
すごい美人との恋愛も、
そもそもビビってしまって
「俺みたいなコミュ障のブ男が…」
と卑屈になって
一切出会おうともしませんでした。
妄想で終わりました。
僕は今でこそ、
いろんなことを試しまくる人間になりましたが
昔はめちゃくちゃ保守的でした。
石橋を叩いて壊す派でした。
常識や人の目を気にしまくって、
一歩も動かないタイプの人間でした。

失敗するのが死ぬほど怖かった。

なぜ行動できなかったか?
失敗することが怖かったのです。
恥をかくことが怖かったのです。
「あ、俺って大した人間じゃないんだ」
「俺ってどこにでもいるやつなんだ」
「いくらでも替えがきくんだ」
「なんの才能もない一般ピーポーなんだ」
と自覚するのが超怖かったんです。
でも、当たり前ですが
挑戦しなければ失敗もないわけですよね。
妄想の中で、
「俺は今は何もないけど、実際に本気出したらやべーんだぜ」
「バンドも武道館行けるだろうし、すげー美女からモテまくりだぜ」
と毎日やってれば、
なんの痛みもないわけです。
妄想に逃げ込んでいれば、
本当の自分から目を背けていれば、
毎日ハッピーでいられるんですよ。
しかしですよ。
30歳になった今、
今より若かったこの時期を思い出すと、
後悔しかないんですよね。
もっとやりたいことをやっておくべきだった。
失敗しても恥をかいても、
やれることを精一杯やっておけばよかった…。
それこそ大学生になって、
親元を離れ自由度がめちゃくちゃ上がった頃を
振り返ると、
とんでもなく空っぽなんですよ。
その当時が。
何も残っていない。
妄想に逃げ込んで、
しょぼい自分と向き合わなかったから。
何も行動せず、
漫画読んで
一日中部屋でゴロゴロしてた日々が
記憶に残るはずがありません。

僕だっていまだにたくさん失敗している。

行動すれば失敗します。
傷つくこともあります。
それは当たり前です。
今だって僕は日々失敗しまくってます。
たまーに勘違いしている読者さんがいるんですよ。
「しーなさんは何やってもうまくいくんですね。
それってつまり才能があるってことでしょう?」
なんて。
そんなわけないでしょう!
そう思うのは、
僕の今やってるビジネスの
結果だけしか見てないからですよ。
確かに結果だけ見れば、
会社経営してそこそこの儲けを出して、
今月には本まで出版して、
サラリーマンやってた頃に比べれば
充実してます。とっても。
でもですね、
その結果を出す過程には、
当然たくさんの失敗を
しまくってるんですよ。
現在進行形で。
僕は経営の天才じゃないですから。
親は普通のサラリーマンだし。
お金持ちとは程遠いケチな家庭だったし。
公務員になれ、って言われて育ったし。
3流大学卒だし。
地方出身でコネもなかったし。
というかなんなら学生時代は
常にいじめられてましたからね。
コミュ障ずっとこじらせて、
どこに行っても人と馴染めませんでした。
どう考えても才能なんてないですよ。
何も。
ビジネスに限らずです。
今だって才能は見つかってません。
それは本人が一番よくわかってます。
つい2日前にも、
ある新しい企画のために
ネット広告を出す必要があって、
やったことがないメディアだったので
その勉強をお金と時間をかけ、
実際広告を出稿したら、
単純な設定をミスってて
一瞬でそのアカウントが
凍結されました。
ただでさえ苦手なジャンルのことで、
あーわかんねえ、
これどうすればいいんだ?
とチマチマ調べながらやっていた
一日の努力が一瞬でパーですよ。
らちがあかないので、
なんとかしてくれと
ウェブ系の広告代理店をやってる友人に
仕事を頼みました。
そしたらすぐに解決しました。

失敗を恐れていたら成長できない。

今回のことも、
失敗したからといって、
後悔しているわけではないです。
物事には必ず良い面がありますから。
今回の失敗から得た学びは、
「設定はちゃんと確認しよう」
「自分が苦手なことは得意な人に任せよう」
とか。
こんなのもっと前に学んどけや
って思うかもしれないですけど、
同じ失敗を何度も繰り返す人間なんですよ僕は。
しかし、
今回の失敗も、
友人に仕事を振ったことで、
秒で問題が解決し、
なんならさらに良いことを提案、
アドバイスしてくれました。
僕が思いもよらなかったことを
教えてもらいましたし、
またそこから彼の友人を紹介してもらうことにもなれば、
現時点では予想もしていない
ビジネスが生まれるかもしれません。
こんな風に、
思ってみない風に転がっていくのは、
実際に行動したからです。
行動したからこそ、
いろんなメリットを享受できるのです。
成功している経営者は、
「行動主義」を掲げている人が多いです。
ある意味非常識で、
無鉄砲とも思われるやり方で
失敗を恐れずに行動するのです。
うまくいくか
失敗するかわからないけど、
頭で考え、
手を動かし、
実際にやってみた。
で、失敗した。
それは残念だ。
だけどその結果、
いいこともあった。
もし僕が、
失敗を恐れ、
この広告を出す
作業をしなかったら。
そのビジネスは
大きくならないだろうし、
スケールするスピードも
遅かったでしょう。
友人に仕事も振らないため、
特に関係も深まらず。
その先の展開もなく。

ネットビジネスは失敗し放題なのが最高。

僕はいつも、
ビジネス初心者こそ
ネットを使えと言っています。
お金も人脈も経験もスキルもなかった僕が
成功できたのは
ネットだからです。
脱サラして、
飲食店とか、
古着屋の実店舗をやろうとしてたら
今頃借金まみれだったでしょう。
ネットだったから、
失敗しても金銭的な損失がないからこそ、
いくらでも立ち直れたんです。
事実僕は、
アフィリエイトでも結果が出なかったし、
Amazon転売も大してうまくいかなかった。
でも、
失敗しても、
その都度たくさんの学びがあり、
それを踏まえて
次々に挑戦することができました。
それはネットを使ったからです。
ネットがない時代だったら無理でした。
挑戦するのに多額のお金が必要なため、
失敗=死を意味していたからです。
でも例えば、
メルカリで古着を売ることに
失敗のリスクなんてほとんどない。
僕がよく言ってるように、
不用品を売ればノーリスクだし。
着なくなった服を売れば、
例え売れなくても
何の金銭的ダメージもないじゃないですか。
でも挑戦することで、
自分に向いてるか向いてないかがわかる。
古着転売が向いてたら
さらに深く勉強していけばいいし、
向いてなかったら
他のネットビジネスをやればいい。
最初は株はやめといたほうがいいです。
資金が最低1000万は必要なので。
じゃないと儲かりません。
あとFXやバイナリーオプションは
投資じゃなくて投機です。
ギャンブルです。
僕の周りのお金持ちや、
経営者の中で、
やってる人を見たことも
聞いたこともありません。
オススメしません。

今日が人生で一番若い。後悔のない人生を送ろう

今僕は30歳ですが、
今日が人生の中で一番若い年齢な訳です。
10年後に
「30歳なんてまだまだ若かったよなあ」
「あの時に精一杯チャレンジしとけばなあ」
と後悔しないように、
頑張ろうと思います。
大学時代の頃の僕のように、
試しもせずに諦めてしまうと、
歳をとった時に後悔します。
そしてその後悔は
心の片隅にずっとモヤモヤしたまま残ります。
僕が大学時代のことを思い出して、
いまだに後悔する時があるように。
それを突破するには
失敗を恐れず、
ある種馬鹿になって行動することです。

3 件のコメント

  • 何が怖くて動けないんだろう?って考えるとやっぱり失敗したらどうしようってマイナスに考えてしまうからですよね。
    読ませてもらって、行動しないと何も変わらないって事は本当によくわかります!しーなさんのを読ませて頂く前はあんまり考えた事がなかったですが…何もたいして考えず仕事に毎日行ってた気がします。今は子育て中ですが!
    行動大事ですよね!しーなさんみたいな考え方がもっと大事なのかもですよね。前向きだから失敗を失敗と考えないで次に進んでる感じが凄いって思います!わかりにくいかもですが。勉強になります^_^

    • 僕も前はめちゃめちゃネガティブで行動できなかったので、
      そのような悩みを持ってる人の役に立てればいいと思って書きました!

      多田さんコメントありがとうございます!

  • 新しい事を始めようと思うと直ぐに失敗のイメージがめちゃめちゃリアルに頭をよぎります。うまくやりたいのに失敗するイメージが強くて何も出来ない…そして何もやらずに現状維持に精一杯。私は失敗=さんざんでマイナスしか残らないと思い込んでいました(特に借金だけが残る)失敗から学べる事が沢山あるのにそこに気持ちが向きませんでした。しーなさんが言われる通り店舗ビジネスでは失敗すると大きな借金が残りますがネットビジネスでは失敗しても大きな借金にはならないですよね。それに失敗してもそれを経験として活かして修正すれば再度、チャレンジ出来ますね。自分の思考を失敗=貴重な学びに変えていきます。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。