【オンラインセミナー第二話】メルカリで売れるデザイン、売れないデザイン

 

こんにちは、しーなです。

古着転売オンラインセミナーのテキスト版第二話の時間です。

 

第二話の動画版はこれ。

 

 

第一話をおさらいするならコレ。

https://sheena001.com/seminar-1/

 

第一話は古着転売の全体像についてお話しました。

第二話では、いよいよ具体的な内容について触れていきます。

それは… 

デザインについて!!

古着転売で儲けるならブランドよりもデザインの知識が大事です。

 

初心者の方が勘違いしやすいポイントのひとつに、

「一番だいじなのはブランド!!ブランドさえよければ何でも売れる!!」

というのがあります。

実は僕もそうでした。
知ってるブランドをとりあえず勘で仕入れて、
そのたびに在庫を抱えるというミスを何度したか…(遠い目)

 

違います!一番大事なのは

デザインなんです!!!!

動画でも言いましたが何回も言いますよ!

何度も言わないと記憶に定着しないので!

 

「デザインが大事なのはわかった。早く具体的な話に移れ」

という声が聞こえます。

承知致しました。

 

 

どういうデザインが今メルカリで飛ぶように売れているのか?

 

それは90年代に流行ったファッションです!!

 

 

動画でも触れましたがこんなデザイン。

 

ポップなカラーリング!!!

誰が見ても一発でわかるブランドロゴ!!!

 

このへんをリサイクルショップのメンズコーナーで探します。

じっくりじっくり。。。

焦ってはいけません。

こんなにド派手じゃなくても2色3色使ってて目立つやつならOKです。

 

逆に古着転売で仕入れてはいけないデザインとは何か?

 

それは

スポーツに使う用途の服

子どもっぽいデザイン

です。

ざっくりしすぎているので例を出しますよ!

 

 

まずこれがスポーティすぎるデザインです。

僕は学生時代部活したことのないタイプの、
家にすぐ帰るタイプの学生だったので、
あんまりスポーツってよくわからないんですが、

たぶんこれサッカーとかフットサルとか、
そういう系の練習着?ですよね。

 

リサイクルショップに行って、
スポーツコーナーを見ていると
7割から8割はこういうタイプのスポーツ用途の服が並んでいます。

 

「あ!これアディダスだから売れる!!!」

って早とちりで仕入れないでくださいねw

この記事のはじめに言ったように、

ブランドよりデザインのほうが優先順位上ですよ!

 

つまりこの服はブランドはよいが、デザインがだめなので仕入れません。

デザインがよかったらノーブランドでも仕入れます。

 

 

これは売れないデザインのタイプ2、子どもっぽいやつ。

 

部活している人がよく着てます。

これの見分け方は意外と簡単で、

 

同系色のラインが縦に入っている

 

という特徴があります。

 

いくらデカデカとブランドロゴが入っていても、
仕入れは危険です。

売れないので仕入れるのはやめましょう!

 

 

【オンラインセミナー第二話】メルカリで売れるデザイン、売れないデザインまとめ

 

ブランドよりもデザインのほうが大事。

メルカリで売れている服は90年代の古着。

売れるデザインはポップでブランドロゴがでかい。

売れないデザインはスポーティ、子どもっぽい。

 

以上!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?