【仕入れ同行】埼玉県所沢市の古着転売コンサル報告

 

こんにちは。しーなです。

最近やってなかったので、先日のコンサル報告をします。

今回の舞台は埼玉県の所沢市。

初上陸の町です。

僕が住んでいる東京の果ての田舎より住みやすそうなとこでした。

 

コンサル当日まで、「Dさん」は古着の仕入れがまったくできなかった

 

有料で仕入れ同行コンサルを受けるということは、

古着転売で稼いでいくという決意をしたということです。

僕は素直にその勇気がすごい!と思います。

 

Dさんもやる気マンマンでした。

駅まで車で迎えに来てくれて、

自己紹介もそこそこに、

Dさん「何度かリサイクルショップに一人で行ってみたんですが、高くて仕入れができません」

Dさん「しーなさん、ほんとに今日のコンサルで仕入れができるんですか!?」

 

すごい圧に僕もたじたじです。

しーな「とりあえず近くのリサイクルショップに行きましょう!」

しーな「Dさんの疑いが晴れるように仕入れまくるんで!!」

 

所沢市は初めて行った町でした。

もちろんそこのリサイクルショップも知りません。

ですが僕はもうどこでも仕入れられる確信があります。

納得できなかったら返金保証も辞さない構えも見せつつ、

Dさんがまったく仕入れられなかったというセカンドストリートへ…。

 

どきどき…

 

 

仕入れに本気になりすぎて写真がこれだけしかない

 

 

今回はほとんど写真撮れていません!!

仕入れに夢中になりすぎて…。

それほどめちゃくちゃ仕入れました!

所沢のめぼしい古着を全部かっさらってやりましたよ!!

 

古着転売の可能性に「Dさん」の目つきが変わった

 

アホみたく次から次へと服を棚から持ってきては、

古着転売のいろはをマシンガントークしまくる僕。

 

徐々にDさんの目つきが変わってきました。

 

実はDさんは今までバイトも就職もしたことがない、

根っからのネットビジネスマン。

今まで蓄積したご自身のビジネススキルに、

もう一本柱を作ろうとの思いでコンサルに応募してくれました。

 

古着転売が思ったよりも稼げそうだと思ってくれ、

また仕入れもできまくるということがわかり、

Dさんはガチモードに。

 

開店する11時から、夜20時まで。9時間みっちり仕入れコンサル

 

結局僕らはほとんど休憩することもなく、

時間を惜しんでリサイクルショップを回りまくりました。

 

その結果、仕入れ額は5万弱。

50着ほど仕入れ、

見込み利益は10万!!

 

全然仕入れられないと嘆いていたDさんもこの結果にはご満悦。

 

なかなか他ではお目にかかれない珍アイテムや、

回転率が高いアイテムなど、質もばつぐんでしたよ。

やっぱ地方都市は当たりが多い。

 

最初はどうなることかと思いましたが、

無事、Dさんも大満足の仕入れコンサルになりました!

疲れ果てて僕は帰りの電車で爆睡しましたw

 

帰宅したDさんから送られてきた画像。

 

 

 

いやーほんと、仕入れコンサルは話が早い。

一日しーなレンタル権ですからね。

古着転売の実力が一日で超上がります。

効率が良すぎます。

 

 

古着転売の仕入れコンサル後のDさん。

 

その後のDさんは、

毎日メルカリで出品しながら仕入れに行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速出品して売れてるようです!

報告してくれました。ありがたい。

 

めんどくさがらずにリサーチし、

出品しているのですぐに成果が出ました!

 

僕も負けてらんないですね!

頑張らねば。

 

しーなでした!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?