田舎コンプレックスに悩んでいた僕を救ったのはビジネスだった。

こんにちは、しーなです。

僕は西日本のとある地方都市出身です。

大学に進学するタイミングで上京してきました。

今は神奈川県に住んでいます。

 

東京に出てからはじめて、

「あ、俺の生まれ育った場所は相当な田舎だったんだな」

と自覚しました。

なぜなら自己紹介で自分の地元を言うたびに

「それどこにあったっけ?笑」

「何して遊んでたの?」

などなど、大学でできた知り合いに自分の地元をバカにされまくるのです。

上京して最初に感じた衝撃でした。

 

なんでこんなに馬鹿にされるんだろ?

生まれるとこは選べないのに。

めちゃくそ理不尽じゃねーか!!

 

って葛藤しました。

 

今はもちろん自分の地元が大好きですが、

そういう風に馬鹿にされることもあったので、

自分の生まれた街の名前を言うのが恥ずかしいと感じることもありました。

 

高校までおんなじ地元で過ごし、

特に田舎がやだなとか、不便だなとかって感じてなかったし、

コンプレックスももちろん持ってなかった。

ですが…

 

学部の飲み会で知らないやつに方言をバカにされる

方言きつめの地方で育ったので、

かなりイントネーションがなまってました。

大学に入学してすぐの時期にあった学部の飲み会で、

自己紹介したらもう半端なくいじられるんですよ。

初対面の知らない人に。

その場でグーグルマップで検索して、

「お前んちどこ?この辺?うそ、めっちゃ田舎やんwww

ジャスコしかないやんwww」

ってめちゃくちゃ笑われましたからね。

 

うるせー、バカ!

ジャスコの何が悪いんじゃボケエエエエエ!!!!

と内心発狂する僕でしたが、

小心者なので愛想笑いでごまかして流しました。

 

まあ僕が自信なさげでおどおどしてたので、

その人は

「こいついじってちょっと目立ったろ!」

ぐらいのノリなんでしょうが、

言われたほうはもちろん傷つくんですよね。

10年前の話なのにこっちは覚えてますからね。笑

 

でも僕は何も言い返せなかったんですよ。

それが悔しくてたまりませんでした。

 

田舎だとやっぱヤリまくりなんでしょ?

あとそのバカ野郎に言われたのが、

そいつの脳内では

「田舎→都会に比べて娯楽がない→全員ヤリまくり」

みたいな図式が成り立つらしく。

「田舎の若者は全員ヤリまくりでそれはうらやましい」

と言われましたが、

僕は普通に童貞でした。

失礼しちゃいますね。

 

出身地でマウントを取ってくるやつは、それ以外誇れるものがない残念な人間

 

そんな具合に田舎コンプレックスこじらせてた小心者の僕も、

今ではブログ記事にできるくらい、

ビジネスを勉強して自信がつきました。

 

それで思ったのが、

そうやって他人の出身地をバカにして見下してマウンティングをしてくるような輩は、

それ以外に誇れるものがない残念な人間なので、

何も恐れることはないということです。

 

逆に地方在住であるからこそできることってたくさんあるし、

ただただそいつの視野が狭く本物の自信がないだけの話なんですよ。

 

僕が田舎コンプレックスを脱却できた理由

毎日成長するために努力している人間は、

誰かのことを批判したり馬鹿にする暇はありません。

そもそも他人を批判して上に立った気になっている人間なんて、

相手にする価値がありません。

 

ましてや田舎出身だから、田舎に住んでいるからという理由で

馬鹿にしてくるやつなんか、

絶対に大した人間ではない。

断言できます。

 

僕は起業し、勉強しまくった結果本物の自信を獲得しました。

田舎コンプレックスどころか、

それまで抱えていたあらゆるコンプレックスがどっかに消えました。

コミュ障とか女性にモテないとか貧乏とか赤面症とか、

コンプレックスの塊だったんですけどね。

コンプレックスの原因は、自分に自信がないことです。

ビジネスやると嫌でも成長するんで、

何かコンプレックスで悩んでるならビジネスやるといいですよ。

 

地方に住んでいるなら古着転売やるべし。

 

僕は「田舎」と「都会」のふたつの視点があるので、

地方に住むひとの悩みや葛藤もわかります。

例えばコンサルティングで地方に出張したときとか。

給料が少ないし、刺激がなくて退屈だし、

人間関係が固定されてるし。

 

しかし古着転売は地方でこそ真価を発揮します。

田舎の価値観は保守的です。

みんな古い考え方のままです。

公務員が一番安定してるから、優秀な人は全員公務員に就職してます。笑

 

だから転売ヤーなんて、

ましてや古着転売ヤーなんて

ものすごーくライバルが少ないんですよ。

やってるやつが全然いないんですよ。

 

そこに狙い目があります。

例えば今僕の運営している古着転売塾のクラスタで、

講師を務めているいっせーですが、

彼は岡山県で古着転売だけで初月で利益25万円稼ぎました。

現在は売り上げ46万、利益で30万ほど稼いで脱サラしています。

いっせーのプロフィールより

 

地方は賃金が都会に比べると低いですよね。

会社の給料が20万ないとかザラにあります。

だから地方で30万稼ぐとそれだけでいい暮しができます。

 

僕とクラスタを立ち上げたNAOTOも、

サラリーマンとして働きながら、

地方都市で副業で35万稼いじゃって脱サラしましたからね。

NAOTOのプロフィールより

 

クラスタには地方在住者が多いです。

長野、栃木、茨城、福島、静岡、宮城、兵庫、奈良、秋田、福岡、三重、鳥取、佐賀、群馬。などなど。

給料を10万上げるのは相当しんどいですが、

古着転売で月収10万は知識があればチョロいです。

作業時間も少ないし。

最後に動画を貼っておきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?