「自信や実力がついてからやろう」ではなく、「やるから自信も実力もつく」

こんにちは。しーなです。

僕は今ビジネスのコンサルティングをして3年目になります。
古着転売だと、
全く古着に知識がない人、
ビジネスをやったことがない人たちに、
マーケティングの考え方を学んでもらって
ネットで服を売りまくれるように教えています。

実績はこんな感じ。

【副業で利益89万】古着転売塾クラスタの2019年1月の実績報告【120人在籍】

古着転売で稼げるようになったら、
その次のステージとして情報発信にまつわる
踏み込んだことも教えています。

コンサルタントをしていると、
日々たくさんの方からご相談をいただくのですが、
たまにいただくのが、
「僕もコンサルティングをしたいのですが、まだ実力がないのでできません」
「企業のコンサルをするのは不安です」

みたいな相談。

これはですね、
順番が違います。

企業をコンサルする実力がついてから企業のコンサルをするのではありません。
企業をコンサルするから、企業をコンサルできる実力がつくんです。

これを理解していないと、
いつまでたっても成長できません。

と思っていては、
いつまでたっても自信も実力もつきません。

例えば僕が初めて、
古着転売を教えた時は、
僕の実力はせいぜい月収20万そこらでした。

情報発信をしていたらコンサルの依頼が来たので、
とりあえず受けてみて、
さあヤバイぞ。なんとかしてこの人に結果を出させなければ。
となり、
そこからさらにギアを入れて、
コンサル当日まで必死こいて勉強し、
なんとか満足してもらい、
その方も古着転売で稼げるようになりました。

あの時はもしクレームが来たら謝って全額返金すればいいや。
と思い、
不安でしたがとにかくやってみました。
そしたら思いの外喜んでもらえた。
おお、こういう感じでやればいいんだな。
と自分の中でデータも取れました。

こういう例はいくらでもあって、
メルマガ登録プレゼントの電子書籍(古着転売入門)があるのですが、
あれもとりあえず作ってから、
たくさんの人にみてもらい、
「もっとここを深く書いて欲しい」
「ここがわかりにくい」
というフィードバックをいただいて、
その度にアップデートしていって
今の完全版という形になりました。

あの時僕が、
「最高の形を出さないと出版できない」
と思い込んで、
自分の中の完成を追い求めていたら、
おそらくあーでもないこーでもないと
自己満足的になってしまい、
出版が遅れたでしょう。
僕の成長はすごく遅くなったはず。

僕が古着転売をやりたい、
という方に、
とりあえず自分の着なくなった服を
メルカリやヤフオクで売って見てください。
というのも同じことで、
実際にやってみることでわかることってたくさんあるのです。
最初にたくさんの勉強をして、
自分が完全に納得いくまで調べて、、、
ということをしていると、
その間にモチベーションはどんどん下がっていきます。

それよりも、
まずメルカリに不要な服を売ってみることで、
あれ、これ全然売れないじゃん。
とか
他の古着を売っている人はどういう風に出してるのかな?

とかが初めて自分ごととしてわかります。

そもそも、
僕が起業したのも、
こんな感じでした。

とりあえずサラリーマンやだから
起業してみるか。
失敗しても古着転売なら借金負うことないし。
というノリです。

みんなサラリーマンはとりあえずなるのに、
なぜか起業はハードルを感じてます。
それは周りに起業家がいないからです。
周りのみんながサラリーマンになるから、
自分にもできるだろうと思ってサラリーマンになります。

でもですね、やって見ないとわからないんですよね。

アフィリエイトが向いてないなーとか、
Amazon転売楽しくないなーとかも、
やって見たことで初めてわかりました。

あれもひたすら勉強してからやっていたら、
おそらく起業して2年で300万とかは稼げなかったはずです。

もっと長い年月がかかったでしょう。

これはビジネスに限った話ではなくて、
英語を覚えてから海外にいく人よりも、
英語が喋れなくても海外に行ってしまう人の方が
圧倒的に英語の上達スピードは早いです。

自転車の乗り方を学んでから自転車を買う人よりも、
自転車を買って、転びながら慣れる人の方が
乗れるようになるスピードは早いです。

僕はビビりだし、
かなり疑り深い人間ですが、
やると決めたらとりあえずやって見ます。
それで得ることの方が多いので。
そして、とりあえずやって見る人はとても少ないので、
僕みたいな人間は結果的に目立つんです。

でも難しいか?
というと難しくありません。
だってやるだけだから。

僕にしかできないことでは
全然ありません。
才能もセンスも必要ありません。

自分に適度な負荷をかける。
そしてとりあえずやってみる。

そうやって成功したり失敗したりしながら、
その度に修正をかけていけば、
圧倒的に成長スピードが上がり、
短期間で目立つ成果があげられる。

時間は何よりも大事です。
お金が稼げれば時間は買えますが、
一度失った時間は二度と戻って来ません。

成功するのに時間をかけてもしょうがないので、
今よりも上を目指したいのであれば、
今の自分にはちょっときついこと。
ちょっと難しいこと。

そういうことにあえて挑戦して見ましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収350万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収350万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?