もし僕が、今からビジネスを学ぶ起業初心者だったら何をするか?解説してみた

僕は貯金なんて必要ない派です。
今の時代銀行にお金を預けていたところで増えないから。
むだにお金をため込むくらいなら、
それを使って自分の頭脳に投資します。
お金はただの道具、ツールなので、
使わないとマジで意味がありません。

最低限、例えば30万あればいいかなと。
ありえないことですが、
仮に全てを失っても、30万円あれば1ヶ月生活できます。

その間にまた一からビジネスに取り組めば僕は復活できます。

なぜか。頭の中の知識は消えないからです。
僕は貯金?んなもん知るかマインドで鬼のように勉強にお金を使いました。
それは文字通りです。

500万貯まれば450万使ったれ!
1000万貯まれば970万使ったれ!

というレベルです。
誇張抜きに。

古着転売の先に進むため、半年450万円のコンサルを受けてみた

当然預金残高はがっつり減りますが、
その使ったお金は頭の中に知識となって残ります。
だからなくなったわけではなく、
頭の中に価値が移動した感覚です。

知識があれば復活できます。
何度でも。

全財産が無くなっても平気です。
日雇いのバイトを何日かやって、
そのお金でブログを立ち上げて、
自分の情報を発信し、
今のような状況に戻します。

知識といっても色々あります。
僕が今学んでいるのは帝王学と医学。
勉強し始めたばかりなので、
知らないことだらけで楽しいです。

僕がもし今、これからビジネスについて学ぼうと思う初心者になったら。
まず間違いなくマーケティングを学びます。

ビジネスの基礎中の基礎だからです。
ものを売る能力。
資本主義がなくならない限り、
もっとも重要なスキルであり続けます。

これさえ押さえておけば絶対に食えなくなることはありえません。
原理的に。
ものが売れればお金は稼げますから。
逆に売れないといつまで経っても稼げないし、
たまたま稼げても安定しません。

でもなぜかマーケティングを教えられる人がいません。
本屋に行ってマーケティングの本を読んでも、
わかったような気になるだけで
実際に使えるスキルになりません。

僕は古着転売というビジネスをやっていて、
マーケティングを踏まえて会社員や学生や主婦など
いろんな方々に教えているのですが、
売り方がわかるだけで本業の収入を超えてしまう人がたくさんいます。

古着転売塾2020/10 最新の塾生の実績公開。副業が本業の収入を上回ることだってニューノーマル。

古着転売を教えているときに、
あまりにもマーケの視点がない人が多すぎるので、
マーケさえわかれば圧倒的にライバルたちをブチ抜けます。

そういう話をしています。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収350万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収350万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。