古着初心者にネクタイ転売ノウハウを教えたらメルカリで即売れた話

最近古着転売に興味をもったばかりの方から、
ラインでこんなメッセージをいただきました。

古着転売の受講生からのLINE
自己紹介記事にも書いているのですが、
僕は会社員時代、上司にパワハラまがいの行為をされ、
結果的に精神を病んでしまい退職してしまった過去があります。
また妻もやはり仕事でうつになってしまい、
回復まで2年ほどかかりました(現在は元気です)。

メッセージをくれたこの方(仮にNさんとします)も、
ある日急にメンタルをやられてしまい現在療養中。
後日お茶をして話を聞いたのですが、精神を患って4年とのこと。
僕より症状が重いです。

そういう理由で、
自分のペースでやれて人間関係にも煩わされない古着転売に興味を持ち、
勉強したいと勇気を持って僕にラインを送ってくれました。

現状をヒアリングしたところ、
・ファッションに興味がないこと
・オタク気質であること
・副業未経験であること
・仕入れに使える予算が五千円ほど

などの理由から、
僕が普段教えているトレンド古着ではなく、
今流行ってるネクタイ転売を勧めました。

ネクタイ転売のメリットは
・仕入れ値が安い
・デザインよりもブランド重視なので勉強が楽(ブランドだけ知ってれば良い)
・ライバルが超弱い
・リサイクルショップやヤフオクで大量に仕入れができる

こんなもん。

デメリットは
・革靴転売やAmazon転売のように、
簡単だから流行るし、簡単だから近い将来ライバルが増えて稼げなくなる

という感じ。

実は今から3年前の2017年に記事にしてました。
当時は結構ガチでやってました。

【保存版】ネクタイ転売完全マスターノウハウ大公開

3つの記事にまとめていますが、
それでほぼノウハウ的には網羅できてます。
有料noteとかあっても買わないように。笑
買わなくてもこの記事読んでればわかりますから。

 

ネクタイ転売って簡単にパパッと稼げるんだけれども、
この先ずっと長く稼げるわけではないから
収入の柱にするのは避けた方がベターです。
そんなもん追いかけてたら、
一生ビジネス初心者から抜け出せられないじゃないですか。

ただNさんの場合、
・ファッションに興味がないこと
→ネクタイはブランド覚えたら終わり。超簡単だし誰でもできる

・オタク気質であること
→古着転売きっかけでオタクという強みを生かせる(今回の記事では省略、気が向いたら今度記事にします)

・副業未経験であること
→すぐに稼げればモチベーションが維持できる

・仕入れに使える予算が五千円ほど
→1本の仕入れは500円でもできるから問題なし

この条件ならネクタイ転売がぴったりですね。
すぐに稼げるっていうのもあるし、
何せネクタイ転売はライバルが超弱いから。
まじで弱い。笑
本当に流行ってるのか逆に疑うくらい。
でもここ最近の僕の上記のネクタイ転売の記事、
アクセスが増えてるんですよね。

トレンド古着はマーケティングを本格的に学んでもらって、
ビジネスもまるっと仕組み化までして、
収入的には月収100万を目指す感じなんです。
そこまで行ったら一人一人が自分のやりたいことに古着転売で学んだことを生かしていく。
ずっと転売だけやるのはしんどいので。
僕みたいに色んなビジネスやるのも楽しいですし、
やりたいことをやれる実力をつけること。
それが最終目標です。
僕の塾では。

でもそれってちょっと副業で稼いでみたいという人には
重いんですよね。
1万円とか5万円とか、お小遣い稼ぎがしたい人は
そこまで本気で勉強する必要はありません。

Nさんはまさにそういう人だったので、
トレンド転売ではなく、
スカイプやライン、ブログの記事をみてもらってネクタイ転売を教えました。

 

2/17日にNさんからはじめてメッセージがきて、
2/21日にリサイクルショップで2本のネクタイを仕入れ、メルカリにはじめて出品。
出品したその日のうちに1本売れる。

古着転売の受講生のLINE

写真をみてダメ出しをしてたらすぐに売れました。

古着転売の受講生のLINE2 古着転売の受講生のLINE3

次の日の夜、もう1本も売れる。

Nさんは大興奮してくれましたが、
僕からすれば「そりゃそうだよね」以外の感想はありません。
だって古着転売ってそういうもんだし、
ライバルが弱い市場で戦えば初心者だって少しの工夫で勝てる。

気になったら、メルカリでネクタイのリサーチしてみてください。
さっき上に書いた僕のブログのノウハウ通りに仕入れ、出品できている人がどれだけいますか?
はっきり言って全然いなくないですか?

僕が実際に本気でやってた2017年なんて、
だーれもちゃんと売ってる人いませんでしたよ。

さっきデメリットのところで革靴転売の話をしましたけど、
革靴転売とネクタイ転売の共通点は、
「両方ともブランドありき」ということです。
要はブランドものじゃないと売れにくいんです。
お客さんがそういう属性だから。

この構図はAmazon転売などの
「バーコードがあるジャンル」
の転売と非常に似ていて、
ブランドだったら素人でもプロでも簡単に見分けがつくため、
簡単に仕入れができて売れるという噂はすぐに広まり、
速攻で供給が需要を上回り、稼ぎにくくなります。

この歴史はずっと繰り返されてきました。
古本転売もCD・DVD転売もゲームもカードゲームもカメラもなんでもそう。
古着転売以外。
唯一古着だけは、バーコードないから知識がないと仕入れができない。

だからネクタイ転売も早晩ライバルが激増するでしょう。

でも今ならライバルがそんなにいません。
ネクタイを出品している人がいても、
全然買いたいと思えるページ作りができていません。

やるなら今がチャンスですね。
先行者利益というのは絶対にありますから。

以上、しーなでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収350万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収350万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。