古着転売で結果を出すために必要な考え方。任天堂元社長の言葉に共感した話。

先日読書についてこんなツイートをしました。

見事に傾向がバラバラですが、
経営者マインドについての勉強、
歴史と地理、
コピーライティング、
5G時代、今後のショッピングのあり方。
この辺を集中的に読んでいます。

その中でとりあえず手をつけたのが
「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。」
という本。

岩田聡さんは任天堂の元代表取締役社長。
素晴らしい経営者なので考え方を盗もうと読んでみました。

岩田さんの書籍

特に共感した箇所を引用します。

自分たちがつくるものに対して、最初、お客さんは、たいして興味がないどころか、
まったく興味がない。いつもそこから、はじまる。

岩田さんが、ゲームをつくる時に大事にしている考え方だそうです。

なぜこの文章に僕がとても共感したかというと、
ゲームだけでなくビジネス全般に応用ができる考え方で、
僕も常々思っていることだったからです。

古着転売のコンサルタントという仕事柄、
毎日のように読者から古着の質問や相談に乗っています。

「なぜか古着が思うように売れないんです…」
と悩んでいらっしゃる方は、
上で引用した、
「お客さんは自分に全く興味を持っていない」
という視点が抜けている場合が非常に多いです。

どういうことかというと、
「この古着を出品すればみんな興味を持ってくれるでしょ」
と思っているということです。
そしてそれは、残念ですが間違っている。
誰も自分に興味を持っていないのです。

まずそれが前提、基本となる考え方です。
逆に言えば、これさえわかっておけばかなり楽になります。
なぜなら、
「じゃあどうすればお客様に興味を持ってもらえるだろうか?」
という思考に切り替えることができるからです。

この視点が抜けていると、
何でかわからないけど誰も古着を買ってくれない、
原因がわからない。
もうやーめた。

となってしまいがちです。
やめてしまったら古着転売で稼げる確率は0%です。
もったいなさすぎる。

誰も他人に興味を持ってない。
自分だけじゃなく、誰も知らない人になんか興味はない。

事実です。
圧倒的事実なのです。
別にあなたに魅力がないとかそういう話ではなく、
誰だって知らない人に興味は持てないのです。

じゃあ興味をもたれるように努力すれば良いんです。
一歩、前向きに変わりましたね。

興味を持たれるためにはどうすればいいか?
みんながやっていないことをやってみましょう。
みんながトレンド古着を売っているなら、
別のジャンルにするとか。
うちの古着転売塾にも、スーツ転売で月収100万円の塾生がいます。
アウトドアやラグジュアリーブランド、
レディースだけ扱う。
それぞれ一長一短はありますが、
誰もやっていないところを見つけて第一人者になる。

ターゲットを変える。
古着好きに売るのではなく、
コスプレイヤーに売る。
妊婦に売る。
子どもに売る。
お年寄りに売る。
ビジネスマンに売る。
アメリカ人に売る。
中国人に売る。

トレンドを扱っていても、
その見せ方を変えてみる。
みんながメルカリで売っているから
SNSで売る。インスタやTwitterで売る。
モデルを雇って着画にしてみる。
YouTuberになる。
フリーマーケットに出店して、
そこからメルカリのアカウントに来てもらう。

他の追随を許さないほど出品量をふやす。
リピーターになってもらうためにめちゃくちゃサービスを手厚くする。

やれることはアイデア次第です。
もっと言えば、僕がこのブログで発信していることだって、
アパレル業界全体から言えば極々わずかです。
ここまで読んでも飽和すると思いますか?
これだけやったら誰からも興味もたれないということはありません。
僕はそんな人を見つけたら面白いしぜひ話を聞かせてくれ、と思います。
全然お金も払います。

お客様はあなたに興味がありません。
それは任天堂の岩田さんでもそうなのです。
凹むことなど何もありません。
だから興味を持たれるために頑張りましょう!
僕もガンガン勉強します。

それでは!面白い本あったら教えてください。
速攻読みます。

しーなでした!

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収350万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

古着転売をきっかけに起業、年収3000万。しーなの自己紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。