古着転売塾クラスタ10月の実績公開。塾生たちの成長が著しくて嬉しい

こんにちは。しーなです。

11月になり、空気が冬っぽくなってきましたね。

僕はめちゃめちゃ寒さに弱く、

古着転売をやるまでは冬が大嫌いだったのですが、

今は大好きです。

なぜならアパレル販売は冬が一番の稼ぎどきだからです。

冬物は単価が高いし、

夏に比べていろんなファッションが楽しめるので、

服が売れまくるんですよ。

ネットがない時代は個人間の商品の売買自体がハードル高かったですが、

今はスマホがあれば誰だってその日から服を売って稼ぐことができます。

これってほんとチャンスだし、やらない手はないと思うわけです。

と言うことで恒例の古着転売塾クラスタの実績を一部公開していきます。

月の利益が25万~30万円。サラリーマンの月収を軽く超えてしまった

論より証拠。ラインのスクショをご覧ください。

塾生からのメッセージです。

 

僕は社会人時代、月収が15万円だったんですよ。

節約しても全く貯金できなかった。

ほんと色んなことを我慢しました。

 

どっか行くにも一番安い電車ルートを乗換案内アプリで探す。

外食も我慢。納豆ごはんはもう一生分食べました。笑

グルメではない僕でさえ音を上げてしまうような我慢の連続。

 

女の子とのデートするのも選択肢が全然ない。

金 かからない デート

貧乏 デート 楽しい

とかで検索し、無料のスポットに詳しくなったり。

いやー水族館とか映画とか何するにもお金かかりますからね。

男として情けねえ。とずっと思ってました。

 

お茶飲むのもお金かかるし。

僕は夏はアイスコーヒー。冬はホットコーヒー一択です。

なんちゃらフラペチーノとかなんちゃら抹茶ラテとかは飲めません。

100円、200円の差が死活問題。

 

いつ終わるともしれない節約地獄。

気持ちに余裕がなくなって余計なことを言ってしまい、

結果好きな子にも嫌われてしまう。

大学も奨学金で通ったし、社会人になってからは返済も相当きつかった。

毎月1万5千円が超重いんです。

 

もう貧乏はこりごりだ、と。

とにかくお金が稼ぎたい。

というのが僕の起業当初の大きなモチベーションでした。

 

今も僕はきれいごと抜きに、

お金超大事じゃんって思うんです。

ちょっとの我慢ならいいですけど、

いつまで終わるかわからない我慢を続けるのは限界がある。

甘えとかそういう問題じゃない。

 

だからクラスタの塾生たちが、

お金を稼いでまた色んなことにチャレンジできるようになったことが

自分のことのように嬉しいし、

塾を運営するやりがいにつながっています。

 

だって想像してみてください。

古着転売で20万円とか稼げたら、

それまでサラリーマンだけだった時に比べると

選択肢が異常に広がるんですよ。

 

忙しい時間の合間を縫ってそれだけ稼げたら

自信がめっちゃつくし、ストレスが激減します。

 

いつでも会社辞めれるんだぜ~と余裕になるし、

会社員として安定をとりつつ副業で稼ぎ続けることもできるし、

思い切って会社辞めてビジネスの世界に本格的に飛び込んでみることもできる。

今まで我慢してた趣味に没頭できるし、

好きな人を喜ばせることもできる。

一緒に過ごす時間も増やせる。

 

僕みたいに転売きっかけにビジネスに興味もって、

勉強してサラリーマン時代の月収の10倍とか稼げるようになったり。

これもネットがあるからこそできる働き方ですよね。

 

僕もまだ起業二年目。学べばすぐに結果は出るし成長できる

でも勘違いしないでほしいのは、

古着転売は別に限られた一部の才能がある人間だけができる商売ではないということ。

本質はただ安く服を買って適正価格でネットで売るだけ。

何年も勉強したり、

職人さんみたいに背中を見て覚える。

的なもんじゃないんです。

単なる知識ゲーです。

 

でも全然難しくない。

古着転売は中学生でもできるビジネスだと自負してます。

実際ラインが使えなかった人でも稼げた報告が。(また別で記事書きます)

 

数百人の方と古着転売を通して関わってきて、

ビジネス初心者の人が1か月で5万円、10万円稼ぐなんて

僕らからしたら当たり前の感覚だし、

3か月もあれば初心者も全くの別人になります。

でもこれも知ってるか知らないかの世界です。

 

会社員やってる僕の友達は、

そもそも個人でも稼げるビジネスが存在するという知識がないので、

素人がいきなり稼げるわけないだろ、常識的に考えて。

みたいなこと言ってます。

 

そりゃ周りにそういう人がいないからだろってだけなんですよね。

彼の言う常識っていうのはサラリーマンの常識ってことです。

 

僕は今、年収が1億円を超えている実業家の人たちと仲良くさせてもらってるんですが、

全員僕より年下なんですよ。

全員が20代前半から中盤で年収億稼いでるんですよね。

びっくりしますよね。

僕も出会ったときは腰が抜けるほど驚きました。

 

でも僕がびっくりしたのも無理はない。

会社員時代の僕からしたら、

そんな知り合いは一人も周りにいないわけで。

年収億?プロ野球選手かな?くらい現実味がない話でしたが

今では自分もその世界目指して必死こいて勉強してます。

ありえない。

 

でもそれはただ僕が無知だっただけで、

意外とわんさかいるんですよ実際。笑

そのくらい自分の知っている世界ってごくごくわずかだし、

今持ってる常識も、会社員辞めるだけでぶっ壊れるくらい弱いもの。

これに気が付いてからの僕は成長ブーストがかかりました。

 

俺でも勉強すればいけんじゃん。

今の僕はこういう気持ちで生きてます。

刺激ありまくりです。

月収10万増えたら生活超変わる。年収120万円アップはヤバイ

 

ブロガーさんたちと飲んだりすることもあるんですが、

初月から10万稼がせたよ~とかっていうと目を丸くされます。

え、ちょちょちょ、何それ、どうやんの?

ってなります。

 

ブログで稼ぐには記事100本書いてからがスタート的な、

根性が超いる側面があって、

そこでほとんどの人が脱落します。

僕も脱落しました。笑

その点転売いいですよね、結果すぐ出るので。

 

11月も、クラスタは塾生の結果を出させることにコミットします!

それでは。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?