仮想通貨で億り人になった結果ゾンビになってしまった僕の視覚障害の友人

こんにちは。しーなです。

今回は僕の起業家仲間の中でも
結構ぶっ飛んだ人のお話です。

彼の名はつかちゃん。34歳。
生まれつきの視覚障害がある。

大企業で会社員として10年働き、
株、不動産投資、
そして仮想通貨で億り人になった。

2015年にADAと言う仮想通貨を100万円分買い、
2017年末にはそれが5億円に化ける。

100万円が500倍になって、
一番絶頂の時は、
朝起きたら1億円増えていると言う感じだったらしい。

半端ねえ。

しかし仮想通貨でめちゃくちゃな大金を稼いだ結果、
人生の目的を見失い、
鬱になってしまった。

お金は稼げたものの、
自分の力で稼いだわけではなくて、
お金が勝手にお金を呼んだだけ。

自分の実力ではなくて、
たまたま波に乗れたにすぎない。
タイミングがよかったんだ。

何かやらなきゃと思って
色々やってみた。

農業に興味を持った。
自宅マンションのベランダで、
トマトとオクラとねぎを栽培。
よく育てよ、と1人でブツブツ言いながら。

育て方もよくわからず、
狭いプランターにタネを植えまくり
根っこが絡まって全部枯れてしまい挫折した。

海岸のゴミ拾いのボランティアもしたけど、
視覚障害だからゴミがよく見えない。

満たされない。
虚しい。

やっぱり自分の力でお金が稼ぎたい。

そんな時、ネットビジネスに出会って、
目の前の霧が一気に晴れたと言う。

今は僕や、他の起業家の友人と
よく遊んだり勉強したりしてます。

対談動画をとったので聞いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?