古着転売塾クラスタの卸仕入れツアー実績報告@2019.6

こんにちは。しーなです。

毎月恒例のクラスタ卸仕入れツアーの報告です。
今月は総勢16名で行ってきました。
やるたびにリピーターが増えている人気企画です。

古着転売は細分化すると、
・仕入れ
・販売(マーケティング)
・発送

ということになりますが、
仕入れに時間をかけてはいけません。

毎回リサイクルショップを回っているのでは、
安定して数を仕入れることが難しいし、
当然時間がかかって仕方がない。
車で回るのであればガソリン代もかかってきます。

その点我々は卸業者に直接ピックで仕入れに行くこともできますし、
それすら時間をかけたくない人のために(僕みたいな)、
家まで郵送してもらうこともできます。
家に売れ線のアイテムが送られてくれば、
仕入れ時間がゼロになりますからね。

ちなみにクラスタの塾生で120万くらいの利益を出している方は、
サラリーマンです。
副業の古着転売で年収1000万行ってます。
ビジネスを学んでからわずか1年程度でこの数字に到達しました。

彼は今も平日は月曜から金曜まで会社員として働いています。

なぜそういうことができてしまうのかというと、
それは僕の構築したビジネスモデルを採用しているからで、
古着転売を自動化しているから可能なのです。

 

あとは発送を外注化しちゃえば古着転売にかかる時間はほぼ無くなります。
上に挙げた会社員の塾生や、今の僕がそうであるように。

そうやって自動化してしまえば、
余った時間を使って自分の趣味に没頭できるし、
他のビジネスに挑戦できるし、
家族のためにどこかに出かけるとかもできるようになる。

ビジネスをやるならここまでやらないと、
せっかくお金稼いでも、使う時間がないという
本末転倒な結果になりますからね。

卸の仕入れは超楽です。そして半端ない物量。

今回の服の量はおよそ2200着。
ノースフェイス250着。
夏物(チャンピオンやナイキ、ラルフローレンなどのTシャツ、ポロシャツなど)300着。
ラルフローレン、トミーヒルフィガーのシャツ100着。
そして残りの1500着強がナイキ、アディダス、フィラ、リーボックなどのスポーツMIX系。
塾生16人で行ってもとてもじゃないけど仕入れ尽くせないほどの量でした。
3月に行ったタイのロンクルア市場を思い出します。

何がいいって、すでに卸業者のセレクトされているアイテムなので、
こりゃダメだわみたいなアイテムが全くないこと。
ユニクロとかしまむらとかノーブランドのアイテムがないこと。
だから極端な話どれを仕入れても利益が出るのですが、
その中からなおかつ塾生が好みの物をピックしていく仕組みです。

もちろん塾に入ったばかりで初心者の方もいらっしゃるので、
そういう方には僕が必ず売れるアイテムをドカドカ代わりに選びました。
今回もみなさん満足してくれたようで、僕も嬉しいです!

仕入れが終わったあとは懇親会も。

写真撮り忘れちゃいましたが、
みんなの仕入れが終わった後、
ファミレスで卸の社長も交えて塾の懇親会もしました。

僕がビジネス全般の仕組みづくりとかマーケの話、
卸の社長が具体的な古着転売の戦略について語りました。

僕の塾はもう「転売」ではないんですけどね。
海外から古着を買い付けてネットで売ってるので。笑

塾生同士で横の繋がりもできたようでよかったです。
楽しく稼いで成長していきましょう。

古着仕入れツアーに参加した塾生からの感想(一部)。

Fさん(20代・女性)

今日行われた卸し仕入れツアーの感想を上げさせていただきます。

卸し仕入れツアーは3回目の参加です。

今回は、ノースフェイスを中心としたマウンテンパーカー系、ナイロンジャケット系、ポロシャツなどの夏物系など何をどのくらい仕入れるか、以前より計画をもって品物を選ぶことができ、
仕入れに掛かる時間も少しずつ早くなって迷うことが減っていたので、自分の力量を再確認する事できました。

そして仕入れツアー後ファミレスでしーなさん、卸しの社長さんからお話を聞くことができました。

しーなさんからはマーケティングの極意、ビジネスで結果を出すために必要なマインドについて話していただき、
自分はまだまだ全然甘く、リサーチと分析不足だと言うことがよく分かりました。

しーなさんが言われていた通り、初心を大切にする事、素直なマインドでいること、
そのどちらも自分は完璧にできているとは言い難く、
話を聞いている間自分のできてなさ加減に胃がキリキリしていました。

けれども卸しツアーに参加させていただく度に書いていますが、
こういったツアーではしーなさんや周りの塾生の方から刺激をいただき、自分の甘さを痛感して、
自分を客観的に分析し戒めるために参加している面もあるので本当にありがたかったです。

メルカリのアカウントもアドバイスしていただき課題が見えたので、どんどん実行していくように、
また常に動いていくマインドを損なわない様な環境を作らなければ成長は見込めないということを忘れずに行動しなければなりません。

卸の社長さんからはご自身の経験を交えつつメルカリで売り上げを上げていくにはどうしていけばいいのかを教えていただけました。

目標利益を出す仕入れに掛ける金額と意識すること、安定した利益をだす評価数の目安、アカウントがトラブルに見舞われた時の対応などを具体的に教えていただき、今の自分に足りない部分が凄く分かりやすかったです。

仕入れの際にも、今の時期にノースフェイスを売るなら何が良いかなどを丁寧に教えていただいて、安心して仕入れができると同時に勉強にもなって本当にお世話になっています。

更には、参加されていた他の塾生の方が行っている工夫を教えていただくことができ、そして私自身も僅かではありましたが自身が行っている工夫を初めて発信することができました。

叩けばホコリが舞うが如く反省点だらけの私が少しだけ成長を感じられたのも大きな収穫でした。

来月、現段階からどれだけ成長できたのか自分を客観視するためにも卸しツアーが行われるのであれば参加させていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

長文、乱文失礼しました。

 

Tさん(30代・女性)

卸ツアーの感想です。

とにかくお店で商品を物色している時間も、その後のお茶タイムも鼻血が出そうなほど濃い時間でした。

ポロシャツ、Tシャツ、ラルフローレンのシャツを思いっ切り仕入れられました。

こんな風にお宝の山をよじ登って、掘って、まみれて嫌という程ブランド物を仕入れてみたいとずっと思っていた私には正に夢のような体験でした。

しーなさんが「これは絶対に買いだ」と仰ってくださったハーレーのシャツを、
汚れがあるからと選ばなかったことが最大の反省点です。

そもそもハンガーにかかっている時点でお店がお勧めしている商品だと言うことでしょうから、
まずチェックすべき商品なんだと学びました。

ナイロンジャケも山ほどあったのですが、まだどれが買いかなしかの判断ができず、手を出せませんでした。

今回仕入れた商品をバンバン売って、来月も卸ツアーに参加させてもらいます。

 

Yさん(20代・男性)

今日の仕入れツアーの感想&アウトプットです。

・仕入れに関して・

最初は大量にある古着の中でどれをピックすれば良いのか迷っていましたが、
しーなさんのアドバイスをもらいながら、自分でも仕入れの感覚が少しずつわかってきました。

また、卸でないとなかなか仕入れられない服もたくさんあり、
卸はこれからどんどん活用していかなければいけないなと実感しました。

・マーケについて・

懇親会は途中からの参加でしたが、マーケティングを中心としたしーなさんの話は、
本質的な内容が多く、普段自分が考えられてないことばかりで、かなり勉強になりました。

特に自分に足りてなかった視点としては、「なぜ自分がそれを良いと思ったのか?」を掘り下げることができていないというところです。

例えば、自分が何となく良いと思うメルカリのアカウントを見つけた時に、それがなぜ自分が良いと思ったのか?を深く考えれてなかったなと今になって思います。

写真がきれいとか、説明文がわかりやすいとか、商品ラインナップが揃っているとか、ふわっとした良さは認識できていても、もっと具体的に何が良いのかがわかっていなかったです。

だから上手い人の真似が完全にできていないんだなと思います。

もっと勉強して突き詰めていかなければいけないと思いました。

 

Mさん(20代・男性)

クラスタ卸ツアー  感想

今回は、初の卸ツアーに行けて、学ぶことがたくさんあって勉強できました。

都内を観光したり古着屋巡りをしたりして、
ストレスなく実行できたのが自分にとってよかったです。

例えば古着巡りでは古着屋の店長さんからどこで仕入れて、どういうものが売れるのかを聞いたりしたり、
観光でさえも古着が好きな人たちを客観的に見ることでめちゃくちゃ勉強できて、
卸仕入れの前にリサーチできたのがよかったなと思いました。

正直初の卸ツアーということもあり緊張していて、仕入れることできるかな?と思っていましたが、
古着の量を見た時にアドレナリンが出まくって興奮して緊張が解けたり、
70sのチャンピオンスウェットが1200円だったり、ヴィンテージのフィラのナイロンジャケット、
ミッキーマウスのナイロンジャケットの80年代デットストックだったりが2000円で落ちてたりとものすごく興奮しました。

そして、ガストでのお話が一番勉強になりました。

しーなさんが口すっぱく言っているマーケティングとは?入り口から出口まで。などなどのお話があり、
まだまだ僕は未熟だなーと思いました。
でも一番歳下だからと言って負けられんというのも事実でした。

今のままでは自分の夢である古着屋を開くことができないので、もっともっと勉強して古着を知りたいなと思いました。行けるチャンスがあれば、また卸ツアーに参加しようと思ったほど、濃い一日でした。卸ツアーを開いてくださってありがとうございました。

ガンガン販売して売りまくろうと思います。

 

Iさん(20代・女性)

今日の卸ツアーに参加してきました

感想を送ります。

初めての参加でしたが、すごかったです!

品数の多さやリサイクルショップでは見つけられない物ばかりで、興奮と感動でした☆

しーなさんや普段会えなかった塾生の方達にも会えて、同じ時間を過ごせてとても良い刺激を受けました。

普段リサイクルショップでは高くて仕入れられないナイキやノースフェイスなどのナイロンジャケットがたくさんあり、

まだまだ良いデザインなどがわからない為、しーなさんにアドバイスをしていただきながら、教えていただきながら、仕入れをする事ができました。

ツアーの参加はとてもメリットが多いと思いました。

しーなさんと社長さんからマーケティングの大切さや、アカウントの運用の仕方なども丁寧に教えて頂き、とても勉強になりました。

また参加したいので、次回もぜひ参加させていただきます☆

 

Kさん(30代・男性)

お疲れ様です。

卸ツアーの感想です。

初めて参加させていただいたのですが、まず想像以上の品数に驚かされました。

塾生の参加者が多かったですが、それでも商品が山積みなので焦らずに吟味しながらピックできました。

今回は出品数を増やしたかったのと、回転の良さそうな商品をメインに仕入れましたが、時間をかけて山をかき分けて1つ1つ丁寧に見れば、まだまだお宝アイテムはあったと思います。

今後は新しく倉庫も借りようかと思っていると社長さんがおっしゃっていたので、
より仕入れやすくなるのではないかと期待しています。

今後は卸からの宅配販売も含めて利用させていただこうと思います。

しーなさんや卸の社長さんと会話しながら仕入れができるのは勉強になりますし、とてもありがたい環境でした。
ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収350万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収350万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?