「もし俺が仕事ができたら、絶対に脱サラするのに。」が口癖だった

今では考えられないけど、
サラリーマン時代の僕は、
めちゃくちゃ愚痴っぽかったです。

口から出る言葉、全部ネガティブ。

上司のあいつ嫌いだわー、
ウマが合わねえー、
やる気でねー、

仕事マジ行きたくねえ、
周りの連中バカばっかり。

サラリーマンの時の僕は
大体こんなことばっかりを頭の中で考えたり、
実際に話したりしていたわけですが、
こうやって書いて並べてみると
地獄ですね。w

ぜーんぶ人のせいにしてました。
自分を変える努力もしないで。

俺がうだつが上がらないのは、
周りの見る目がないからだ。

俺はバカじゃない。
みんながバカなんだ。

…。
当時の僕にはかける言葉もありません。
バカにつける薬はないっていう感じです。

さて、そんなネガティブ言葉ばかりを
吐き散らしていたしーなでしたが、
その最たるものとしては、

もし〜だったら、するのに。

というのがあります。

僕の口癖でした。

もし俺がかっこよかったら、あの子と仲良くなれるのに。
でもブサイクだからどうせ付き合えない。諦めよう。

もし会社が俺を認めてくれたら、俺はもっと頑張れるのに。
でも会社は俺を認めないから、俺は頑張らない。俺を認めない会社が悪い。

もしもっと時間があったら、自分を磨くための勉強をするのに。
でも時間がないから、勉強しない。

もし、もし、もし。
ああだったら、こうだったら。
でもそうじゃない。そうはならない。
だから俺はやらない。できない。無理。だめ。

常にこういう思考でした。

条件ばっか考えてたんですね。

もし、ある条件が整ったら、俺はやるのに。
整わないからできない。

というかその条件が整うことは一生ない。

つまり、言い訳ばっか言ってたんです。

 

当たり前ですが、
こんなことばっか考えててもいいことありませんよね。

あなたの想像通り、いいことはほんとにありませんでした。

ストレス発散のためにお酒を飲んで、
愚痴を言いいまくって嫌われます。


あいつ愚痴ばっかでうぜーから誘うのやめようぜ。

って周りはなりますよね。

そして何より、
一歩も行動ができなくなっていました。

どうせ何やっても俺にはできねーよ。
底辺は一生底辺だ。
俺は悪くない。
会社が悪い。
政治が悪い。
社会が悪い。
俺は被害者だ。
なのに誰も助けてくれない。

なんて世の中は腐ってるんだ!!!

マジでこんなことばっか、
頭で考えてるんですよ。
めっちゃ嫌なキモイやつでしたね…

ネットビジネスもサラリーマン時代に知っていたのに、
この考え方のせいでやれなかったんです。

ネットビジネスっていうのが稼げるらしいなー。
でもサラリーマンとしても無能な俺が、
ネットビジネスなんてできるわけねー。

そう思って、何もやりませんでした。

そうして、なんの変化もないまま、
時間だけが過ぎていきました。

これは今でもちょっぴり後悔してます。
どうせできねーよとか決めつけずに、
ネットビジネスを知ってすぐ副業で取り組んでいたら、
もっと早く脱サラできていたからです。

そんなに会社が嫌ならさっさと行動起こせよ俺。
っていう話です。

目の前の課題から逃げ続け、
歳を重ねても成長していない自分。

そんなしょぼい自分を直視するのが辛くて苦しくて、
また現実逃避を重ねる。

どんどん勇気がなくなっていくのがわかりました。

どんだけ行動することから逃げてたんだよ俺!!
っていう感じですね。

結局、僕が重い腰をあげてネットビジネスに挑戦するのは、
仕事を退職していよいよ追い詰められてからでした。

そんだけ追い詰められないと変われない人間だったんです。
僕は。

今の僕は、愚痴言ってもしょうがねーよなと思うんで、
言いそうになってもグッと飲み込んで
愚痴の根本に向き合って行動するのですが、
もともとはこういうタイプだったんですよ。

だから、今この文章を読んでいるあなたが、
行動できなくても大丈夫です。
人はいつでも変われるので。

僕にメッセージをくれる方々も、
なかなか行動ができなくて悩んでいる方が多いですが、
なぜ自分は行動できないのか?に向き合って、
最初は辛いかもしれないですが一つずつ対処していくことによって
どんどん良い方向に変わっていきます。

自分が変わっていくのを見るのは、
とても楽しいしエキサイティングな経験です。

もし〜ができたら、
なんていう考え方は手放して、
さっさと今からスタートしましょう。

無理だと思っていたことも、
案外カンタンにできてしまうかもしれませんよ。

ーーーーー
PS

僕は最近英語の勉強を始めてまして、
ぜーんぜん喋れないんですが、
とりあえず英会話スクールの予約をとって、
強制的に自分をそっちに持って行ってます。

もし英語の先生の前で、変な英語をしゃべって恥をかいたらどうしよう。

っていう気持ちもあるんですが、
そんなもんは知らん!恥は絶対かくだろう!
と言い聞かせて、先生と英会話をがんばってます。

実際にトンチンカンなことを口走りまくって、
恥をかいているんですが、
別に死にはしないし、
やらないよりはマシです。

もしできなかったら、っていう考え方をしなくなれば、
このようにビジネスでも英会話でもなんでも結果は出るんですよ。

僕はそう信じて、
今日もジョギングしながら英語学習をしています。

終わり。

ーーーーーーーーーーーーーーー

無料のメルマガで、
古着転売初心者がやってしまいがちな
「古着転売で失敗する四つの罠」
を解き明かしています。

この罠さえひっかからなければ、
あなたも古着転売で成果を出せるでしょう。

下記URLをクリックし、
無料でプレゼントを受け取ってください。

今すぐ「古着転売で失敗する四つの罠」を受け取る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。