元ブックオフ店員の僕が、古本せどりをおすすめしない理由

こんにちは。しーなです。

僕は転売に関しては古着転売一本でやってまして、
ほかの転売も以前はやってたんですけど最近はやってなくて、
そのへんの話を記憶を辿りながらしていこうかと思います。

せどりっていうのは「背」を「とる」ところに由来しているらしく、
つまりはオリジナルは古本だったらしいんですよね。
転売の元祖は古本転売だった。

ネットが普及する前は、めちゃくちゃ儲かったらしいですよ。
たとえば今は超高いですけど漫画の「サンコミックス」とかを
地方の古本屋でせどって、東京の古本屋に売るだけでうはうはみたいな。

情報が地方と東京で格差があったので、
昔はそういうのが十分通用したらしいんです。
いや~、いい時代ですね。

そんなにさかのぼらなくても、
僕の友人にも、ゲームせどりをしていた人で
すごいベテランの方がいます。

その人は今から約20年前に、
当時誰も見向きもしていなかったファミコンのソフトを
手あたり次第買い漁って、
マニアに売ることで生計を立てていたみたいです。

今はリアル店舗もネットの価格相場を見てるので、
まったく稼げなくなって古着転売をしているそうで、
僕が古着転売のコンサルティングをしました。

 

ゲームも古本もそうですけど、
バーコードがあるおかげで簡単に相場がわかっちゃうんですよね。
これがゲームや家電の転売ヤーにとっては大打撃なわけです。

僕がバイトしてたブックオフも例外ではなく、
どんな古いゲームでもぴってバーコード通せば
適正な値段が出てくるんですよ。

古本も相場がすぐにわかっちゃいます。

プレミアがネットでついてるやつはちゃんと高い値段。
人気のないゲームソフトは安く。

つまり掘り出し物なんかどこ探してもなくなってるわけです。

もちろん地方だろうが関係なく。

僕がバイトしてたころ、
軽く10年前くらいですけど、
そのころ一番流行ってたんじゃないかな?古本転売。

たぶんAmazonで古本買うのが一般的になって、
まだ相場とかもあってないようなもので、
掘り出し物が探せばあったころ。

セールの日にもなると
朝から晩までかごをぱんぱんにしたせどらーたちがレジに並ぶんですよw

あれはすごい眺めでしたね。

バーコードリーダーをひたすらぴっぴっぴっぴってかざしまくって、
一心不乱にかごにいれていく。

思えば僕がはじめて転売というものを知ったときでもあったんですね。

今でもたまに、
時間が空いた時にブックオフに立ち寄ることがあります。
基本的にキンドルの電子書籍で読むんですが、
待ち合わせに早く着いてしまったときとかね。

でももはやせどらーたちの姿を見ることはなくなりましたね。
どこに行っても同じような商品のラインアップになってるし、
ネットと店舗の価格差も完全に消滅してしまった。
労力のわりに儲からない。

あれほど盛り上がりをみせた古本転売も
ネットには勝てなかったんですね~。

僕はこれからも古着転売を続けていきます。
都内でも全然ライバル増えないし、
バーコードないからいつまでたっても掘り出し物はありますね。
そもそも最近は家から出ないでネットで仕入れてますが。

 

動画でもしゃべってます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収200万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?