古着転売を継続・習慣化する方法。モチベーションに頼るから挫折する。

こんにちは。しーなです。

僕は古着転売のコンサルタントとして活動をはじめてから、
早いものでもう5年目になります。
2500人以上の方々と古着転売を通じて関わってきて、
古着転売塾でも100名以上の塾生に教えてきました。

「人に教える」という経験の中で、
僕が一番大事にしており、なおかつ深く考えてきたのが、
タイトルにも書いたように
「どうすれば人は物事に挫折せずに継続し、成功することができるのか?」
ということです。

たくさんの人に教える中で、
古着転売というビジネスは、
諦めずに勉強し行動すれば結果が出るという確信を持っていて
(じゃないと僕はこんな仕事を選びません)、
でも中にはどうしても挫折してしまう人がいる。
それが残念でたまらない。

だから何度も繰り返し、過去にブログ記事や動画にしています。
習慣化、挫折しないための方法については
たくさんの書籍などで勉強してきました。

ビジネスに挫折しないためにしーなの習慣化のコツと方法を解説してみた

努力が続かないのは意志が弱いからだと思い込んでいるあなたへ

仕事が異常に嫌いだった僕がなぜ古着転売は続けられるのか

というかそもそも、
挫折というテーマに興味を持ち続けているのは、
元々は僕自身が、何をやっても続かない性格で悩んでいたということも背景にあります。

例えば本を一冊読み通すことができない。
集中できずすぐにスマホをいじってしまう。
そしてその罪悪感でますますやる気がなくなって…の無限ループ。

本どころか家で映画を見るときも、
最後まで集中力が持ちませんでした。
ラインが届き、スマホの画面が光ったら反射的に見てしまう。
ラインをチェックし終わっても映画に戻らず、
Yahooニュースをチェックしてしまったり。
今それやることじゃないし。
どれだけ注意散漫なんだよ。と自己嫌悪になっていました。

ちなみに現代社会は注意散漫になるようになってます。
それこそ今書いたようにスマホの通知や、
ツイッターやフェイスブックのタイムラインのように。
いろんな人がいろんなことを言っている場所は、
人間の脳のリソースを無駄に消費します。
集中したいときはツイッターなどのSNSから離れましょう。

そもそも「モチベーションがない」前提でやる。

僕はちょうどリアルタイムで、
「1年間毎日同じ本を読む」習慣の真っ只中にいます。

僕にとってはなんとしてでも身につけたい内容なので、
朝起きたら読む、昼食をとったら読む、寝る前に読む。
毎日3回同じ本の同じ箇所を読むことをしています。

僕は頭がよくないので、1年同じことを繰り返すわけです。

毎日やる気があろうがなかろうが読みます。
というか、やる気があってモチベーション湧きまくりの日の方が珍しいです。
1週間のうち、1回あるかないか。

「あー読まなきゃ。」
でパッとページを開いて読みます。
だるいとかめんどくせえとかそういう感情もありますが、
無視します。

いちいち自分の感情にかまってあげる必要はありません。
まるで他人のように自分に接します。
(↑これはちょっと高等テクかも)

僕は寝起きが悪いのですが、
枕元に本を置いて、朝起きたらすぐページを開きます。
起き抜けの半分寝ている状態でもとにかく読みます。

簡単なことをやる。

今、僕の習慣を読んでもらいましたが、
大事なことは2つありました。

1つはモチベーションがない前提で行動をすること。
もう1つは「簡単である」こと。

本を読むにはページを開くだけなので簡単です。
やるのに複雑な工程を伴う作業は、
最初からいきなり習慣化するのは難しいです。

例えば文章を書くことを習慣化したい人が、
この記事のような内容をいきなり書けるようになるのは難しいです。
この記事は2500字以上ありますが、
ブログ開設したての時は作るのに3時間も4時間もかかってました。

そういう人は、
まずは文章を書くのに慣れるため、
ツイッターで140字つぶやくことを毎日の習慣にする。
慣れてきたら少し負荷を上げていく。

そうすることで文章を書くハードルが下がり、
習慣化も容易になります。

古着転売であれば、
いきなり完璧に出品するのではなく、
まずはメルカリで売れている人をリサーチして、
なぜ売れているのか?わかることを1日3人メモしていく。
それでも1ヶ月続ければ膨大なデータが手に入りますよね

全ての人を挫折しない人間にする魔法の方法はないけど…

僕は冒頭に書いたように、
順風満帆な人生を送ってきたわけではありません。
ネットビジネスにしても、
最初は稼げませんでしたし、
自分のサボり癖には悩まされました。

だから古着転売もそうですし、
他のこともそうですが、
自分で何かやろうとしてどうしても続かない、
習慣化できずに悩んでいる人の気持ちが
痛いほどわかるのです。

人間は習慣の生き物です。
良い習慣をもつか、
悪い習慣の奴隷になるか。
それが将来の成功と失敗を分けます。

成功している人は良い習慣をもち、
うまくいかない人は悪い習慣を持っているのです。

脳の働きや心理学を中心に
いろいろ勉強してて思ったのですが、
全ての継続できない人を継続できる人間にする
魔法の方法はありません。

残念ですがそれが結論です。

ですがだからと言って僕は諦めません。
これからもいろんなパターンで、
挫折しないための方法を勉強し、
ブログやYouTubeで共有していきます。

それだけ僕は古着転売の可能性を信じているんです。
だって、僕がブログ始めた頃は
古着転売の情報なんてネットに全くありませんでした。
でも今は情報が(正しいものも誤っているものも)めちゃくちゃ増えてる。

なぜこの数年の間に古着転売の情報が増えたかというと、
古着転売はそれだけ稼げるビジネスだから。
稼げるから、その噂を聞きつけてプレイヤーがどんどん増えているんですよ。

しかしプレイヤーは増えていて、
稼げている人も増えていますが
それ以上に脱落してしまっている人が多い。
実力のない人は稼げず、
実力のある人だけ稼げまくれてしまうということ。
確実に両者の間に格差が広がっています。

最初の頃は古着転売ヤーが少なかったため、
適当にやってても売れる人もいた。
例えば3年前。
古着転売なんて誰も知らない時期。

古着転売?何それ美味しいの?
ネットビジネス。怪しい。詐欺。
という人ばかりの時。
いわゆるボーナスステージです。
アーリーアダプターだけが享受できるブルーオーシャン。
しかしだんだんと市場も成熟してきました。

これからはきちんと勉強をした人だけが生き残ります。

それでは今日はここまで。
しーなでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収350万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

古着転売で起業、年収3000万。しーなの自己紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。