カメラ転売ヤーに悩みを聞いてみた。初心者は利益率3%でも仕入れる。毎月のカードの請求100万当たり前って怖すぎない?

こんにちは。しーなです。

僕の動画コンテンツ受講生に、

カメラ転売をやっている方がいまして、

Hさんという40代の会社員の方なのですが、

ぶっちゃけカメラ転売ってどうなの?とお話を聞いてみました。

 

聞いてみると色々カオスですね。

カメラ転売歴1年。40代会社員Hさんのお話

Hさんは40代独身。都内在住。

会社の給料のほかに収入源を確保したいと、

副業を探していました。

 

そこで2017年。とりあえず有名なカメラ転売をやってみることに。

オークファンが主催のカメラ転売スクールに入会しました。

 

カメラ転売のデメリット。仕入れが難しい

仕入れ先は主に三つ。

ヤフオク、メルカリでの電脳せどりと、

カメラのキタムラなどの中古カメラショップ。

 

東京の中野に、カメラ転売の聖地みたいな

カメラ屋さんがあるらしく、

そこでは開店前の朝から何十人もの転売ヤーが行列を作り、

奪い合いになるそうです。

全員が顔見知りみたいなもので、縄張り争いとか超めんどくさそう。

 

カメラ転売はプラットフォームがAmazon。

要するにAmazon転売の中のひとつです。

アマゾン転売の宿命として、利益がとれるものは

モノレートやAmazonの相場を見ちゃえば、

誰でもわかってしまうので、

ライバルがめちゃくちゃ多くて仕入れるのがすごく大変だったらしい。

 

 

そのオークファンのスクールでは、

スクール生は最初、

ヤフオクで仕入れをさせられるらしいのですが、

スクールの仲間がすなわち、

カメラの仕入れを奪い合うライバルなわけで。

 

 

さらにカメラ転売って有名な分、

ヤフオクでも店舗でもライバルだらけで

全然仕入れができないらしいんですよ。

 

さらにカメラ転売をやる人は40代や50代が中心。

ネットに疎い人が多く、スマホの扱いにも慣れていない。

Hさんも慣れないヤフオクに悪戦苦闘しながら、

仕事の空き時間の5分や、

煙草休憩の間に入札をしていました。

 

 

ただでさえ仕入れがライバル多くて、
慣れない作業が難しくてストレスがたまるのに、

スマホに慣れなくてそこでもイライラするという。

副業はのんびりやれると思いきや、

普通にストレスがたまる作業だったらしいです。

 


スクールの仲間も、仕入れできなくて辛いと言っていて、

想定よりも高い値段でも無理やり落札をして、

なんとか仕入れを確保していたとか。

 

 

利益減らしちゃったら元も子もないと思うんですが。。。

稼げたんだけど、寝る間を惜しんで労働しまくり。

カメラ転売のスクールは稼げないわけではなかったらしいんですよ。

Hさんも1か月目、2万円。2か月目、4万円。
3か月目、16万円、4か月目、20万円と利益を順調に出しました。

(それでもクラスタと比べると全然しょぼいと言ってましたが。笑)

 

 

Hさんが稼げたのは単純に、

めちゃくちゃ作業して、睡眠時間を削って働いたらしいです。

労働をしまくった。

Hさんが会社から家に帰るのが夜の22時。

それから深夜2時まで、カメラ転売のリサーチだったり、

梱包、発送だったりの細かい仕事をしていたみたいです。

 

 

そして朝6時に起きて会社に出社という、

僕なら1週間もたないサイクルで働いていた。

 

 

外注もできないわけではないのですが、

外注費がカメラ転売の場合一点単価800円前後かかる。

 

カメラ転売は利益率が8パーセントとかでめちゃくちゃ低く、

外注すると利益のほとんどを持ってかれてしまうので、

自分でやるしかなかったらしいです。

 

 

だから、20万円利益が出たけど、

最終的に忙しすぎるという理由でカメラ転売を辞めています。

 

 

うーん、稼げても忙しすぎるなら本末転倒ですね。。。

睡眠時間を削ると体壊すし、リスクが大きい。

 

カメラ転売の平均仕入れ単価は2万円。最大15万円のカメラも仕入れた

僕が、古着転売以外のジャンルの転売の話を聞くたびに同情するのが、

「仕入れ単価高えな~」

ってやつです。

 

お金ないから転売やりたいのに、

転売やるために大金が必要ってなんやねん。
矛盾しすぎ。

 

 

カメラ転売も例外ではなく、

仕入れ単価が高い。

平均仕入れ単価は2万円。10万円のカメラも普通で、

最大15万円の高級機も仕入れたことがあるそう。

 

 

15万円って!高すぎるでしょ。

古着転売始めたころの僕だったら

まず無理です。

ここでカメラ転売諦めます。

 

 

稼ぎてーけどその15万円がないんだもん。

万が一仕入れた後に取り返しのつかない傷とか、

壊れてたりしたらどうすんねんっていう。

 

胃が痛くなるやつです。

会社員時代、毎朝出社する前に吐き気を覚えてた僕からすると、

そんな高い商品仕入れたらストレスで吐き気しますよ。w

Hさんは独身だったのでまだマシだったみたいですが、

既婚子持ちのスクール生たちは、

クレジットの請求がヤバイヤバイと青くなりながら、

カメラ転売をやっていたそうです。


怖すぎる世界だ。

 

カメラ転売初心者は、慣れるために利益率3%でも仕入れる。利益500円でも仕入れる。

これ地味に結構やばくないですか?

利益率3パーって、ほぼ誤差だろ

って思うんですが。

なんかあったらすぐ利益率0パーどころか赤字になりかねん数字だと思います。

だからHさんも一か月目は作業しまくって、なおかつ利益2万円だったんですよ。

これ時給にしたら多分めっちゃ安いですよ。

利益2万円÷毎日4時間×25日=200

アバウトな計算ですが時給200円です。

 

これ、むしろHさんよく挫折しなかったなw

Hさんを褒めるべきですね。

僕だったら一か月目で逃げ出してます。

 

 

実際、そのスクールも全く稼げない人や挫折する人もいたそうです。

 

うーん、カメラ転売も厳しい世界やなあ。

 

カメラ転売も稼げるけど、最初は甘くない。

初心者が慣れるために薄利多売でやるっていうのは、

しーな主催の古着転売塾クラスタでも勧めているんですが、

それでも一点売ったら2000円の利益は出すようにさせてるんですよね。

 

カメラ転売は利益500円か。。。

だいぶハードル高いな。

古着転売を教えてると、

一か月目や2か月目で10万、20万の利益を出させるのは楽勝の感覚なので、

やっぱ古着転売しかないやろっていう結論にいつもなっちゃいますね。

 

みなさんご安心を。まだまだ古着転売で稼ぎ続けられそうです!

 

それではまた。

追伸。感想紹介

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

学んで実践すれば、誰でも自分の力で稼いで自信を得ることができる。

僕しーなが学んで、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

https://sheena001.com/blog/2018/11/01/long-my-profile/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?