【黒歴史】ネトゲ廃人になって貴重な中学高校の4年間をドブに捨てた話

こんにちは。しーなです。

今日は若き日の黒歴史を晒そうと思います。

 

 

僕は中学2年生の時から高校2年生の、

14歳から17歳までの貴重な時間を、

ネットゲームにはまってドブに捨ててしまいました。

 

両親が超ケチ。子供の時に外食をした経験がほとんどない

僕の家は貧乏でお金が無く、

両親がケチだったので、

全然お金を使わなかった。

子どものころに外食の経験とかほっとんど無いんです。

 

ファミレスは高くてマズくて健康に悪いからダメだ。

ファストフードも同じ理由でダメ。

お母さんの料理が一番おいしいだろ?何で嫌なんだ?

という両親のスタンス。

 

 

子どもだからマックのハッピーセットとか、

友達が持ってると欲しいじゃないですか。

 

 

マクドナルド連れてってよー!

って言うんですけど、

まったく取り合ってもくれないんですよね。

 

 

今なら健康に悪いとか、

そういう理由もわかるんですけど、

極端すぎたんです。

僕がマクドナルドに初めて入ったの、

大学生になってからですからね。

 

親元にいる間は行くチャンスがなかった。

いくらなんでも遅すぎるだろ。w

 

初めてだからマックの注文の仕方もよくわからなかったし、

それを一緒に行った友達に

「お前マックはじめてなの?どういう環境で育った?」

とドン引きで指摘され、いやー親が厳しくてさあ・・・と

苦笑いするしかなかったですね。

 

 

あと強烈に記憶に焼き付いているのが、

小学生のころ。

親戚同士の集まりでてんぷら屋さんに行ったんですね。

親族同士の集まりみたいな会で。

 

 

それでわいわい座敷に座らされて、

外食なんてめったにさせてもらえないし、

子どもながらにテンション上がってたんですよ。

 

 

そしたらメニューを見た親父の顔色が変わって、

「やっぱパス」

って親父が言って、僕の家族だけ帰りましたからね。

 

 

えええええええええええ!?!???

ってなりましたよさすがに。w

 

 

親戚の人たちもみんないるのに、

なんで俺らだけ帰んの???

っていうか「パス」って何!?

 

 

うちは天ぷらも食べられないくらい貧乏なの???

と幼心に衝撃を受けました。

小学生の時、僕だけ10年物の初代ゲームボーイで遊んでいた

貧乏エピソードは山ほどありまして。

だから娯楽にお金を使うなんてもってのほか。

ゲーム機は高いから我慢しなさい。

そんなの使ってたら目が悪くなる。

とオカンに教育され、

超欲しかったのにずっと買わせてもらえませんでした。

 

 

僕は今アラサーですが、

子どものころはゲーム全盛の時代です。

 

ポケモンが流行ってたし、

ニンテンドー64とかプレステ2とかも

小学生のころクッソ流行って

友達はみんな親から買ってもらってました。

 

 

僕が持っていたのはでっかいゲームボーイ。

超でかい、単三電池4つつかう、白黒画面の、

ゲームボーイです。

僕が生まれた年に出たので、

僕が小学生のころはすでに、

発売されて10年が経ってました。

 

そのころすでにめちゃめちゃ時代遅れなゲーム機です。

さらにそのゲームボーイも親に買ってもらったわけではなく、

親戚の兄ちゃんがいらないからあげる。

といってくれたお下がりでした。

 

 

みんながゲームボーイカラーでポケモンやってるときに、

僕だけでっかい初代ゲームボーイやってるときは、

人生って全然平等じゃねえなあ。

って子どもながらに悟ってました。

 

 

友達にも、

しーなのゲームボーイ古っww

お前んち貧乏だもんな。

とドストレートにバカにされてました。

 

 

僕は、

うるせえよバカ。別にこれでもポケモンできるから。

お前みたいに新しいの買ってもらわなくてもできんだよ。

お前の親、お金の使い方下手くそなんじゃねーの?

 

 

みたいに逆に強がってイキッてました。

哀れすぎる、小学生の僕。

素直になれず、プライドだけが自分を守る鎧でした。

 

 

そもそもお金の使い方がへたくそなのは自分の両親です。

 

学校に居場所がない。友達がいなかったのでネトゲのチャットにハマった

親の教育方針はよくわかんなくて、

別にお金を使わないのであれば、

ゲームをやること自体は止めなかった。

 

 

だから僕はゲームボーイもずっとやってました。

 

 

中学生になり、僕を堕落させるネトゲと出会うことになります。

 

 

中学でできた友達の家に遊びに行くと、

なにやらパソコンでゲームをしてるんですね。

それがメイプルストーリーとの出会いでした。

懐かしすぎる。

 

うちは貧乏だったんですけどなぜかパソコンはあって、

それが不幸のはじまりでした。

 

 

僕は運動もできず、頭も悪く、

体も小さかった。

特技と言えるものが何もない。

 

 

中学になるとゴリラみたいに

体格のいいやつとか出てくるじゃないですか。

僕は身長150センチとかで、

ガリガリにやせ細ってるんですよね。

 

 

運動も勉強もパッとしないどころか、

ダメダメなやつだったので、

僕は学校が超面白くない場所になりました。

 

 

ゴリラみたいなやつをからかって、

ボコボコにされて泣いたこととかもあったなあ…。

 

 

小学校からの友達は運動部に入って、

めきめきと成長していくのに、

僕は最初からそういう努力をすべて放棄して、

違う場所を求めました。

 

 

努力するのとか超めんどくせえ。

あいつらバカか。

部活なんてやっても意味ねーのによくやるわ。

 

というスタンスで自分を守っていました。

いやお前がバカだろって話なんですが。w

 

そういうやつって好かれるわけないじゃないですか。

というか普通に嫌われまくったので、

学校に居場所がない。

でも友達が欲しい。

だから僕はネットの世界に居場所を求めました。

 

 

ネトゲの世界は最高でした。

自分の見た目を変えられる。

僕と同じような境遇のやつもたくさんいる。

 

 

どっぷりハマりました。

その当時メイプルストーリーは、

めちゃくちゃユーザーがたくさんいて、

チャットでおしゃべりをする相手には困りませんでした。

 

 

レベルアップするとみんなが褒めてくれる。

強くなると探検できる場所が増える。

友達もたくさんいる。ネット上には。

 

 

成功体験を全く積み重ねていなかった僕にとって、

メイプルストーリーは最高のゲームでした。

 

 

ネトゲが楽しすぎて不登校になる。
最悪な不登校の引きこもり爆誕

ネットゲーム内の生活が充実していくにつれて、

現実の僕の暮らしはどんどん壊れていきました。

 

 

まず、学校から即帰宅してパソコンの前に座る。

そして寝るまでずーっとそこから離れない。

パソコンはリビングに置かれていました。

 

 

親はめちゃくちゃ怒鳴るんですよ。

お前いい加減にしろ!!!

と。当たり前ですね。

何時間も狂ったようにゲームしてるんですから。

 

 

で、僕はそれを無視して延々ネトゲをやる。

 

 

ご飯もすごい勢いでかきこんで、

すぐにパソコンに戻る。

 

 

マジでてこでも動かない。

 

 

親もほとほと困り果ててましたね。

でも、そのころの僕は、

「お前の育て方が悪いから俺はこうなった」

「俺のせいじゃない」

という思考でした。

完全に頭がおかしいです。

 

 

学校も理由をつけてはサボり、

親が仕事に行っている間ずーっとゲームしてました。

 

ある日急に怖くなり、ネトゲをアンインストールする

その調子で中学を卒業し、

高校もすげー頭の悪いとこしか合格できませんでした。

偏差値は40そこら。

 

 

ヤンキーばっかだったので、

いじめとか喫煙とかもう

むちゃくちゃな問題だらけのとこで、

怖いからやっぱり不登校になりました。

 

 

まだネトゲはやり続けていたんですけど、

ゲーム内でできた仲の良い友達が、

進学とか就職とかでどんどんゲームを辞めていったんですよ。

 

 

そんな時、急に怖くなって。

俺、やばくない?

何にもしてねーんだけど。

この4年間。

え、このままだと俺どうなっちゃうの??

 

いきなり、突然、急に、

何もかもが怖くなって、

将来を考えました。

 

 

確かにネトゲは楽しい。

でも、現実は悲惨。

こんなとこにいたら俺は一生クソになる。

 

そう思って、泣く泣く、

ネトゲをアンインストールしました。

 

 

そこから多少勉強して大学に行き、

結局変われず、また色々失敗するわけですが。

 

電車の中を見渡すと、みんなゲームやってて怖い。

それ以来、僕はほとんどゲームをしなくなりました。

パズドラもツムツム?もやったことありません。

スマホゲームもまったくしません。

 

 

ゲームすると際限なくはまってしまう

自分が嫌だからです。

 

 

電車に乗ると、

みーんなスマホゲームに夢中ですよね。

 

若い人もおじさんおばさんも。

昔の自分を思い出して、

怖くなります。

 

ゲームやる暇があったら、

勉強して現実のレベル上げしたほうがいいじゃん。

 

そういう当たり前の現実に、

貴重な若いころの4年間を無駄にした結果

気が付きました。

 

 

現実のレベルが上がると、

現実でモテるようになるし、

現実でおいしいものが食べられる。

現実でお金が貯まって、

現実で楽しいところに行ける。

 

 

それはゲームよりも楽しいことですよね。

僕はそんな簡単なことにも気が付かなかった。

超大馬鹿野郎でした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

 

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

 

僕しーなが慣れて、そして月収200万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

https://sheena001.com/blog/2018/11/01/long-my-profile/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古着転売ヤー/古着転売塾クラスタ代表/バイヤー/コンサルティング業 誰でも簡単に成果が出せる「古着転売」の情報を発信中。 もともとはブラック企業でこき使われてたクソアホ会社員。 ドS上司のパワハラに耐えきれず無職になったのち、古着転売に出会う。 ズブの素人だった僕がどうしてビジネスで成功できたのか?