人類の95%が「先延ばし」すると言う衝撃のデータ。すぐやる人になる方法を解説

先日ある本を読んでいたら衝撃的なデータにぶち当たりました。

カナダ・カルガリー大学ビジネススクールの教授であり、
心理学者のピアーズ・スティール教授が40年間に渡って
世界中の様々な人に行ったアンケート調査を分析したところ、
95パーセントの人が
「自分に甘く、仕事や作業で先延ばしをしてしまう」
ことが明らかになったと言うデータです。

95%ってやばいですよね。
いや、ほぼ全員やん。と思いました。

逆にこれってものすごいチャンスだなとも思いました。
だって、さっさとやれる人間になるだけで、
他の95%の人間を出し抜ける存在になれるからです。

僕は今、すぐやる人になりました。
もともとの僕は先延ばしにするわ、
挙げ句の果てに投げ出してやらないわ、
と言う人間でしたが、
「脳」について学ぶことで
劇的に変わりました。

今日はそう言う話をしようと思います。

そもそもなぜ、人は先延ばしをしてしまうのか。脳の癖を見抜け

実は人間の脳は、もともとサボるようにできています。

なぜかと言うと、人間の脳の最優先事項は、
「生存すること。生命を維持すること」
だからです。
これがすげーざっくり言うと脳の本質的な働き。

今現在、生きることができてるんだから、
そのままでいようぜ!

と言うのが脳の意見です。

だから脳はあらゆる変化を嫌います。
たとえそれが、自分を成長させるための前向きな変化だったとしても、
脳は超抵抗します。

やめろ!変わったら死ぬかもしれんだろ!

と脳は言います。

だからたとえば禁煙したくてもできないのは脳のせいだし、
ダイエットしたくても明日からでいいやーと思うのも脳のせい。

決して自分が根性なしだからとか、
意思が弱いからではないんですよ。

僕も現状維持が大好きな脳の働きには随分苦しめられまして、
いろんなことに挫折しまくってきたのも
脳科学を勉強した今となってはうなずけます。

さらに、脳はめちゃくちゃ心配性な性格です。

何かに挑戦しようと思った時、
「自分にはできないかも」
「もし失敗したらどうしよう」
と思って動けない時ってあるじゃないですか。

僕は起業を考えたときにこの心配性な脳に悩まされました。

「会社員もダメだった俺なんかが果たしてビジネスなんてできるんだろうか」
「失敗したら莫大な借金を背負って再起不能になるんじゃないだろうか」

これも実は脳のせいです。
知らないとだいぶ人生が悪い意味で変わりますね。

原始時代、いつどこで猛獣に襲われるかわからない状況下で
生き延びてきた人間は、
常に最悪の状況を想定しながら行動を選択する必要がありました。

今日は火を起こすのめんどくさいからやめとこう。
もう眠いし寝ようぜ。
まあ夜に襲ってくる動物とかいないっしょ。

と言うノリで行動してたら、
飢えたライオンとかに寝込みを襲われて死ぬわけですよ。

ジ・エンド。人類の歴史、完。

だから生き残るために、
脳は心配性な習性を持ったんですね。

確かにそれはサバイバルの原始時代を生き抜くには
理にかなった考え方ですけど、
現代社会では失敗して、
ライオンに殺されるみたいなことはないわけじゃないですか。

だから現代を生きるには、
心配性すぎる脳の特性は邪魔になってるんですね。

長くなったのでまとめると、
・脳は現状維持をしたがる。変化を嫌うものである
・脳は心配性。最悪のケースを想定しがち。

です。

これを前提として把握した上で、
生きることが「すぐやる人」になるために重要になってきます。

変化を嫌う脳をコントロールするためのセルフ・ペップトーク

僕は脳は変化を嫌うものなんだな、と言うことがわかってからは、
行動が劇的に変わりました。

考えてみれば、
何をやるにも脳がブレーキをかけまくってたんです。

そのブレーキを外すために超オススメなのが、
セルフ・ペップトーク。

簡単に言えば、こんなやつです↓

「できるぜできるぜ!お前にはできる!!!!」
「自分を信じてみろよ!お前もやったら成功するぜ!!!」
「まだまだイケるイケる!諦めんなよ!!!」

みたいなトークを声に出して、自分を励ます。
これがセルフ・ペップトークです。

ペップトークとは、
試合前のアスリートに監督やコーチが行う激励の短いスピーチのこと。
モチベーションアップのための話術です。
アメリカで積極的に行われています。

これを自分自身にやってみる。
最初は恥ずかしいんですけど、
やってみたらわかる絶大な効果。
さらにいくらやっても無料です。

今日やる気でね〜な〜
めんどくせ。
あとでやるか。

みたいな気分の時は僕にだってあります。
それは変化を嫌う脳のせいなのです。

だから脳に勝つために、
自分自身を鼓舞する。励ます。

さらにいいのが、
セルフペップトークをやりまくることで、
いつの間にか行動が習慣化することです。

最初は面倒で腰が重かったことも、
なんどもなんどもやることで習慣化してきます。

僕はブログやYouTubeの更新を毎日やってますが、
最初は超大変だったけど今はストレスなくできるようになりました。

習慣化するとその習慣を守ろうとするのも変化を嫌う脳の働き。
脳を味方につけて、一度習慣化してしまえばこっちのもんです。

脳は心配性だと言うことも話しました。
常に最悪の事態を想定し、
現状維持を選ぼうとします。
つまり、あなたの行動を止めようとします。

アメリカ・ミシガン大学の調査によると、
心配事の80%は起こらないことが判明しています。
そして残りの20パーセントは、
「あらかじめ準備しておけば解決できたこと」
だとわかっています。

つまり、行動する前に、
「もし何かあったらどうしよう・・・」
とネガティブに考えてしまうことは、
ほとんど心配する必要のないことに
気を揉んでいるようなものです。

ほとんどが取り越し苦労なんですね。
だから心配するのは脳の仕組みということがわかっていれば、
行動できる。

ましてやネットビジネスなんて、
失敗しようがリスクがありません。
どれだけコケようがまず借金まみれになどなりません。

僕のネットビジネスにかかっているお金って
ブログとメルマガでせいぜい月七千円とか。
YouTubeとツイッターは無料ですしね。

古着転売だって1着五百円とかでもあります。
自分の着なくなった服を売ればタダです。

今日のテーマに関するものとして、
この動画も合わせて見るとさらに理解が深まるかと。

ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして月収350万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収350万になってみて。ビジネスの軌跡と理念を語ってみた

 

3 件のコメント

  • 継続できる人も1割もいない上、先延ばしにしないということすら経ったの5%しかできないのであれば、即行動、毎日継続をしていれば本当に上位1%になっちゃいますね。
    しーなさんの理論は一本槍で通っていて本当に理解しやすいです。

    自分を褒めて褒めてテンションを上げていくというペップトーク、僕も実践していきたいと思います!

    • けんさんコメントありがとうございます。
      それほど継続することは難しい、ということにもなるんでしょうね。

      ペップトークの威力は半端じゃないですよ!
      僕はある文章を朝昼晩と三回毎日必ず朗読してます。
      音読は脳にも良いです。

  • 先延ばしにしてしまうデータが95%って本当にびっくりというかほとんどですね!!いかに即行動と継続が大変な事がわかります。しかも人間忘れてしまう。
    努力しないと変われないのがよくわかります!!

    あと心配してしまう。もしダメだったらどうしようとか。でも80%は起こらないというデータもびっくりですし、セルフペップトーク初めて聞きました!やってみます^_^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。