なぜ今、「本」なのか?古着転売の本を僕が出版しようと思った理由。

6/13古着転売の本が出ます。
早速予約をしてくださった方がたくさんいらっしゃいます。
メッセージをくださった方も。一部ご紹介します。
本当に感謝です。

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーー

確実に発売日に手に入れたい方は予約をオススメしています!

ーーーーーーーーーーーー

僕の趣味は読書です。

本を読むきっかけになったのが夏目漱石でして、
大学の卒論も漱石にまつわるものでした。
明治〜昭和初期の日本文学を好んで読んできました。

つってもかなり雑食で色々読みます。
英米文学も読みますし、ノンフィクションも好きだし、
ここ数年は脳科学と宗教学と哲学を気のおもむくままに読んで、
最近はアジア史おもしれーってなってます。
ビジネス書ももちろん大量に読んでます。
電子書籍と紙の本両方書います。
読んで再読しないものは内容の良い部分をメモったら売ります。

いろんなことに興味があるので、
毎日本を手放しません。
朝起きて、ベッド脇のサイドテーブルの本を数ページ読んで、
歯を磨いて顔を洗ってトイレを済まして、
水を飲んでソファに寝転んで本を読む。
映画も大好きなので、
本に飽きたら映画見て…みたいな生活です。

そうこうしてたら夜になるので、
ジョギングして。
大体こんなルーティンです。

本読んでたら仕事のアイデアには困らないので、
ヒントがあったらメモっといて、
それを基にあーだこーだ仕事ばかり集中してやる日もあります。

今年の初め、コロナが流行る前にタイに10日間いたのですが、
せっかくのタイなのに、
仕事のアイデアがわいてしまったので
10日間ホテルに籠もってひたすらパソコンと睨めっこしたり。
その時は毎日とある動画を作ってました。
何のためにタイに行ったのかわからない。笑

話がずれました。
僕はすごい本が好きなんです。
愛してます。

このブログでも、
下手なりに大量に文章を書いてきたので、
それが今回の出版にも活かせたと思います。

勉強するには本がやっぱり良い。

いろいろ影響を与えてくれた本はあります。
僕ほとんど自己啓発書は読まなかったんですが
(最近は読むようになった)、
仕事をやめたときに
自己啓発の元祖と呼ばれている
ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」
を読んで、ふーん面白いな。と思って、
本に書いてあることをその通りやってたんですよ。

簡単に言えば、
脳味噌で考えていることは現実になるから、
いいことを考えようぜ。
ってことです。
そのために具体的にはこういう習慣をつけよう、
みたいな。
それでその通り習慣化していきました。
そしたら確かに現実が変わって、
いいことがたくさんあったり、
大事な人と出会いがあったりしたんですね。

本はその道のプロである著者のそれまでの思考の積み重ねや経験を
たった1000円や2000円そこらで買えるわけです。
僕の本は税込みで1700円ちょい。
でもアレ書くのに半年以上かかってます。
その中には5年間勉強した知識の結晶を突っ込みました。
編集者という客観的なチェックも入るので、
ネットとは違い内容の正確性も担保されています。
それを学べるのにたった1700円と数時間って、
改めて考えても読書はコスパが良すぎる。
異常レベルに良いです。

経営者は当たり前に本を読みまくりますし、
読書量と年収は比例するという客観的なデータもあります。

古着転売をもっともっと広めたい。

本に書いている情報は、
例えばトレンド的なことは絶対に古びていく。
トレンドは必ず変わるから。
流行ってそういうもん。

でも、一年後に別のトレンドが来ているとして、
例えば80年代や70年代が爆発的に流行っているかもしれませんね。
でもこの本には、
いくらトレンドが変わっても大丈夫なように、
それをキャッチできるリサーチの考え方の本質を書いています。
その本質は何年たっても廃れない。
古びない。絶対に。

そういうとこまで、
ぜひ購入された方は何度も何度も読んで欲しいと思います。
さらっと書いてるところまで僕は手を抜いていません。
初心者の人が読んだら付箋だらけになるはずです。

古着転売をもっと広めたいと思っています。
僕はインターネットで成功した人間です。
起業した時からネットの威力を知って、
ネットの力を活用することで、
サラリーマンの時からは考えられないような
多くの収入を得ることができるようになった人間です。

そのきっかけを与えてくれたのは古着転売です。
お金も人脈もコネも知識も経験も、
何もなかった僕が、
古着転売をきっかけに
自分の力でお金を稼ぐということの意味を知りました。

サラリーマンという働き方の中で
毎日ばかだ無能だと上司に罵られ、
節約しても全く貯金ができない安い給料で働かされ、
自信をなくし、惨めな気持ちでいっぱいだった僕が、
自信を取り戻せたのは間違いなく古着転売のおかげです。

人はちょっとしたきっかけで変われる。
本当に。
僕も起業する前はそんなこと信じられなかったけど。
「どうせそいつは才能あったんだ」
「頭がよかったんだ」
「お金があったんだ」
「運がよかったんだ」
そうやって人を妬んでばかりだったけど。

でもそんな僕でも古着転売のおかげで変わることができたんです。
一人でも多くの人にこの本を手に取ってもらい、
お金を稼いで自信を付けてもらい、
人生を前向きに生きていって欲しい。
それだけ自力でお金を稼ぐことには意味があることだし、
古着転売にはあなたの人生を良き方向に変える可能性があります。

やっていきましょう!
確実に発売日に手に入れたい方は予約をオススメしています。
本の予約はこちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして年収3000万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

古着転売で脱サラ起業、年収3000万。しーなの自己紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。