アパレル特化ウェブサイトの「READY TO FASHION」さんに著書を取り上げていただきました。

 

先人に学ぶこれからのファッションビジネス ファッション本2020年上半期新刊まとめ〜ビジネス編(17冊)

ファッション業界特化の求人サイト「READY TO FASHION」さんに
著書「古着転売で毎月10万円」が取り上げられました。

ありがとうございます。

最近のコロナ不況で、
アパレル業界の方からの問い合わせが急増しています。
他には派遣切りにあった方、
バイトがなくなった大学生の方、
転職のあてがなくなった主婦の方。

アパレルの小売が入っている百貨店も相当きついですし、
というか百貨店に限らずネットを介さない小売という業態自体の限界が
このコロナでもろに現出したという印象です。

というかコロナ前から日本の景気はヤバかったし、
だからこそ僕も、
古着転売で会社に依存しない生き方をしようぜーと5年ずっと言ってたんですが、
コロナがきっかけでみんながやっとヤバさに気がついたという感じです。

でも僕はまだこれから古着転売などの副業をやるのは
ぜんぜん遅くないと思うんですよね。
なぜなら、まだこの状況でも
「自分はやばくない、大丈夫」
「会社がつぶれるわけない、自分が首になるわけない」
と思っている方も相当いるからです。

それはめちゃくちゃヤバイと思うんです。
そういう人は会社がつぶれてから動くのかな?
リストラされてからはじめて考えるのかな?

こんなことを言っている僕自身が、
会社をいきおいで退職してから
どうしようと考えて途方に暮れた人間です。

無職で収入がないのは、
ひとから余裕を奪います。
焦りまくります。

うまくいくこともいかなくなりますし、
周りにひとがいなくなります。

そんな苦しい経験、
わざわざしなくていいことだと思うんです。

退職するにしても、
稼ぐための勉強とか、
準備をしていればもっとうまくやれたはずなんです。

だからこれを読んでくださっているあなたも、
まだ大丈夫とか思わず、
なんでもいいから最悪に備えて準備をするべきだと思います。

僕も備えてます。
地震に備えて簡易トイレとかむちゃくちゃ買ってますし、
日本が潰れてもいいように米国株に投資したりしてます。

常に最悪を想定しているんです。
ネットがなくなったらとか。
メインバンクが預金封鎖をして預金を引き出せなくなったらとか。

最悪を想定しているからこそ、
リスクを分散することができます。
会社に収入を依存していたらヤバイんです。
副業解禁って、要するに企業からのそういう意味のメッセージです。

「もしかしたら潰れるかもしれないから、
副業で稼げるようになっておいてね」

という。

僕の教え子にスポーツインストラクターの方がいらっしゃるのですが、
コロナで仕事が激減しましたが
古着転売で10万円ほど稼げていたたおかげで
露頭に迷わずに住んだと。

会社が潰れない可能性もあります。
それはそれでもちろんラッキーです。
それでも古着転売で稼げるようになっていたら、
給料プラス副収入で生活は豊かになりますから。

いつどうなるかわからない。
当たり前の日常も、ある日急に崩れ去る。
そんなことに気づくきっかけになったのなら、
このコロナ禍も悪いことばかりではないのかもしれません。

未来のために、
いまどう動くべきか。
考えて行動していきましょう。

古着転売で脱サラ起業、年収3000万。しーなの自己紹介

 

1 個のコメント

  • コロナの影響で世の中本当に変わってきていますよね。
    私の場合ちょうど出産で専業主婦になったので仕事をしてなく、しーなさんのYouTubeを見て古着転売を始めたのですが古着転売以外に繋がる事が多く、勉強になります。
    最悪の状態になる前に始めれて良かったです。働いてた時の私ならそんな最悪な状況にならない、私は!みたいに思ってたと思うので笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。