中学生でネトゲ廃人になってよかったこと。

僕はゲームを今はまったくしません。
ニンテンドースウィッチもPS4も持っていません。
スマホゲーもしません。
パズドラもポケモンGOもやったことがありません。
あとはパチンコ、パチスロの類もしません。

電車にもたまに乗るのですが、
読書してる人の少なさにビビります。
みんなスマホみてますよね。
車両の中で僕しか読んでないときもざらにあったり。

なぜゲームをしないのかというと、
ハマったら延々とやり続けてしまう性格だからです。
中学高校とネトゲにのめり込み、
貴重な若い時間を無駄に消費してしまった苦い経験があります。

【黒歴史】ネトゲ廃人になって貴重な中学高校の4年間をドブに捨てた話

しかしながら、
ネトゲにハマった経験があるからこそ、
学んだ教訓があります。

それは何かというと、
課金すると強くなる

ということでした。
そしてこの真理を知ったことで、
人生が激変しました。

ここからしーなの中学高校時代の回想です。

ーーーー

僕が当時ハマっていたメイプルストーリーですが、
基本プレイはずっと無料でできるんです。

でも、レベルを上げるのがめちゃくちゃ大変なゲームでした。

いじめからの逃避のように始めたネトゲ。
ご飯を食べる時間すら惜しんで
ひたすら長時間プレイしても、
全然上がらない。

レベルが上がらないと、
新しい場所にいけないし、
強い敵も倒せない。

どうしたもんかなーと考えていましたが、
実はひとつだけ即解決できる手段がありました。

それが、お金を払って買うと経験値が2倍になるアイテム。
「サクサクチケット」というやつです。


サクサクレベルが上がるようになるから、
サクサクチケットという名前なんでしょう。

お金って、ゲーム内のお金じゃなくて、
リアルマネーの日本円ですよ。

今はスマホゲームのガチャとかもあるので、
現金を払ってゲーム内のアイテムを買うのは当たり前のことですが、
当時は珍しかったんですよ。

なんせ15年以上前のことなので記憶があやふやですが、
確か1ヶ月1000円くらいじゃなかったかな。

中学生や高校生だった僕にはかなりの出費です。
確か月のお小遣いが3000円くらいだったので。

給料の3分の1が吹っ飛ぶようなもんです。

幼い僕は悩みました。

「レベル上げめんどくせええええ」
「サクサクチケットで楽にレベル上げたい」
「でも値段が高い…どうしよう」
「レベル上げめんどくせええええ」
「あああ!!もういいや買ってみよ」

悩んだ末に、買いました。

コンビニのウェブマネーかなんかでドキドキしながら購入し、
家に帰ってさっそくアイテムを使用。

するとさすが経験値2倍です。
使う前に比べると、
面白いくらいにレベルが上がりやすくなりました。

なんて素晴らしいんだ!

買う前の僕は、せっかく無料で遊べるゲームなのに、
わざわざお金を払うなんて意味不明だと思っていました。
実家はお金に余裕がなく、
両親はケチで、僕もケチだったので。

お金があって自由に使える人、
サクチケを使っているプレイヤーがうらやましかったけど、
「いや別にサクチケがなくても時間かければレベル上がるし」
みたいに強がってました。

「は?アイテムに頼らないと楽しめないわけ?」

と内心馬鹿にしてたりもしました。
でも、実際には自分が一番、サクチケを欲しがっていました。

俺もお金使って楽に成長してえええ!!!

と心の底では思っていたのです。

で、実際に勇気を出してえいっと買ってみたら、
拍子抜けするほどあっさりでしたし、
やはり楽に成長でき、

なんだよ、さっさと買えばよかったじゃん。
悩んでた時間がもったいない。
なんて思ったりもしました。
それまでの葛藤も忘れて、
馬鹿ですよね。

 

僕はゲームをしません。
ゲームのキャラに課金するのではなく、
現実の自分自身に課金する方が
最高にエキサイティングであるという真理

それをわかりきっているからです。
骨の髄まで知り尽くしているからです。

残念ながらゲームに課金しても現実のレベルは上がらない。
それは4年ほどどっぷりネトゲ廃人だったのでわかります。

目は悪くなるわ、姿勢は悪くなるわ、
現実でのコミュニケーションができなくなるわ、
体が弱くなるわ、
勉強ができなくなるわ。

中学高校といえば、
友達と遊びまくり、
部活で汗を流し、
恋をする、
貴重な青春時代です。

その時間はとても短く、
終わったらいくらお金持ちでも
2度と取り戻すことができない。

そんなとてもとても貴重な季節を、
僕は自宅で、パソコンの前で浪費してしまったのです。

悔やんでも悔みきれません。

だからこそ、
僕はゲームのキャラに課金するのではなく、
自分に課金しまくろうと決めました。

なぜか。
自分がレベルアップするからです。
自分が変われば世界が変わります。
一変します。

勉強するために本を買うのも課金です。
僕は本もめっちゃくちゃな量買って、
暇があればページをめくっています。

例えば僕は半年間450万円とか200万円とかの、
一般的には高額だと言われているビジネスコンサルを受けたり、
それより安い数万〜数十万円という金額の教材を買ったりということは、
日常的に、毎日のように買って勉強しています。

人にいうと驚かれますが、
課金すれば強くなるのがわかっているから、
購入するのを悩むことも迷うこともない。

あ、これは面白そうな考え方だな。
なにこれ?よくわからん。どういうこと?

買う。
ガンガン買う。
わからなくても買う。
ガンガンいこうぜですよ。

ドラクエで強い敵と戦うときに、
武器屋とか防具屋で強い装備を整えるじゃないですか?

その時に迷いませんよね。
ゴールドがあればすぐ買うでしょ?

はがねのつるぎ、欲しいなあ!
うーんでも高い。どうしよ〜〜〜
つって1年も2年も迷いませんよね。笑

ゲームではね。

でも、みんながゲームだと当たり前にできることが、
リアルマネーだと当たり前にできなくなるんですよ。
ゲームだと平気なのに、
現実ではお金を使うことに痛みを感じてしまう。

面白いし、よく考えてみると不思議ですよね。

これは本能的なものらしいです。
リスがどんぐりを巣穴に貯蔵するようなもの。
動物の本能だから、お金を使うことに人間は痛みを覚える。

僕だってお金を使うのは本能に逆らうので、
そりゃ多少は痛いですよ。
でも、そんな感情は無視です。
僕は動物だけど、同時に理性のある人間だから。

みんなと同じことをやっても、
成功はできません。

みんなができないことをやれるから、
だから少数派になれるんです。
現実のレベルがめちゃくちゃ上がるんです。

で、現実のレベルが上がると、
もちろん収入が増える。

それまで会えなかったような面白い人と仲良くなれる。

自分にできることが増えていく。
自信がつく。

それでまた収入が増え、
自分に課金し、できることが増え…

という最高のスパイラルが発動する。

圧倒的な好循環。
だから短期間で成果が出る。

何をやっても失敗しない。
退屈知らずになる。

僕はこんな大事なことを
メイプルストーリーという
ネットゲームから学びました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はかつてブラック企業の社員でうつ病寸前になり、退職後は引きこもりのどん底状態が続きました。
アフィリエイトやAmazon転売など、
数々のネットビジネスでことごとく挫折したあげく、最後にたどり着いた古着転売で成功をつかみ、毎日の労働から解放され自由を獲得しました。

僕はもともとビジネスに才能があったわけでもなければ、しゃべるのが得意だったわけでも、文章を書くのが得意だったわけでもありません。

どんな人でも稼げるし、新しい世界があることを知れば誰でも自信を得ることができる。

僕しーなが慣れて、そして年収3000万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

古着転売で脱サラ起業、年収3000万。しーなの自己紹介

 

3 件のコメント

  • 私はスマホゲームかなりしていたのですが今子育てをしていて、ふと何でゲームだとこんなにハマって普通に出来るんだろうと。そこで何かゲームと同じように出来る事を見つけたら没頭して好きな事を仕事に出来るんじゃないかなと思って探した時しーなさんのブログを見つけて今転売をしています!その時は本当にただふっと思いたって行動した事が今に繋がっています!私も今はゲームしてません!かなり古着転売中心になって、でもゲームができないのはまだまだ自分が知識がなく、調べる事、出品に時間が必要だからかもしれないです。

    成長は遅いですがちょっとずつ前に進んでる気がします!
    なんでも考え方、捉え方がとても大事なんですね!考え方で人生変わりますよね!と強く思いました!

  • またコメント失礼します。
    本当に同感です❢
    自分に課金したほうが良いに決まっていましすよね❢

    お金はやっぱり必要なとこには使っていったほう課金したほうが、総合的には得をすることが多いですよね。

    あまりおかねにゆとりがないときは、勇気がいりますが。
    お金をケチり過ぎて、時間やチャンスを、失わないようにしたいです。

    どうもありがとうございます。

  • 確かにゲームでは躊躇なくゴールドを使うのに現実世界では課金するのに躊躇うのは納得ですね。
    ブログにもあったように現実世界では痛みを感じるのも原因だと思いますし、しーなさんが以前言われていた「周りにそれをしている人がいないと不安になる」というのも大きいと思います。
    僕自身はまだ古着転売においては大きな結果を出していませんが、しーなさんのもとで知識に課金したという経験自体が大きいと感じています。
    普通に生活を送っていればできなかった体験や人間関係を得ることができ、課金の威力を実感しているところです。
    最近は本なども躊躇なくお金を使うようになってきておりこの経験も大きな要因となっていると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    経営コンサルタント/会社経営/書籍出版/古着転売/古着転売塾クラスタ代表/古物商 大学卒業後、新卒で入社した会社を上司のパワハラにより退職。アフィリエイトやAmazon転売などのネットビジネスに失敗したのち、古着転売ビジネスで起業する。「古着の仕入れ、ネットでの販売、梱包・発送」の大部分を自動化し、金銭的・身体的・時間的自由を手に入れる。過去には会社員を中心に、学生、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業立ち上げやマーケティングを視野に入れたビジネスマンへのセミナーを開催。また全国で100名を超える受講生が参加する、マーケティングを軸に古着転売を総合的に教えるビジネス塾を運営している。